2019年06月13日

日野新選組まつり2日目

さて、2日目です。
高幡不動の駅のそばには、こんな素敵な着物姿の方がいらっしゃいました。
20190609q.jpg
何かのイベントなのかな?

バスに乗って日野駅に到着。
最初に訪れたのは、新選組のメンバーが扁額を奉納したことで知られる八坂神社です。
20190609r.jpg
ここでは毎年、天然理心流の演武が行われます。
20190609s.jpg
右端の白い衣装の男性が、井上源三郎さんの子孫の方です。

昼過ぎにパレードが始まり、最初にやってきたのは地元の保育園の子供たち。
20190609t.jpg
保護者の皆様がガッチリ周りを固めているので、案外姿は見えないのですが(^^;)。
ポニーに乗った少年・少女たちが続きます。
20190609u.jpg
一番隊の隊長は沖田くん
私が見に来るようになってから、このポジションを男性がやったいるのは見たことないですね〜。
20190609v.jpg
二番隊の隊長は永倉さん
20190609w.jpg
三番隊の隊長は斎藤一さんです。
長身で格好良かった!
20190609x.jpg
四番隊は、毎年地元の信用金庫、たましんの皆さんが務められます。
隊長の松原さん役は支店長さんらしい。
めちゃくちゃ腰の低い新選組(笑)。
20190609y.jpg
五番隊は、これまた地元企業の日野自動車の皆さん。
珍しく隊長の武田さんが女性社員でした。
いっせいにトンカチを出して「トントントントン日野の2トン」とやり出したのにはウケました。
20190609z.jpg
六番隊の隊長は井上源三郎さん
地元出身の隊長さんなので声援が多いです。
20190610a.jpg
七番隊の隊長は谷さんです。
原田さんと並ぶ槍の名手。
20190610b.jpg
八番隊の隊長は藤堂くん
この役も女性がやられることが多いですね。
20190610c.jpg
九番隊は富士電機の社員さんたちです。
隊長の鈴木さん役の方が長身だったな〜。
20190610d.jpg
最後は名物、十番隊の原田さんです。
今年の原田さんも、槍の妙技を見せてくださいました!
20190610e.jpg

続くのはテーマ別地域別の参加者の方たち。
まずは「新選組と出会った人々」です。
先頭を歩くのは榎本武揚さん伊庭八郎さん
20190610f.jpg
後ろに山南敬助さん伊東甲子太郎さんが続きます。
20190610g.jpg
後ろの女性が近藤さんの奥さん、つねさんと薬売り時代の歳三さん
20190610h.jpg
銃を持った山本八重さん坂本龍馬さん、その後ろに勝海舟さんと名札読めないけど高杉晋作さん桂小五郎さん西郷隆盛さんが続いています。
なにげに最も豪華なキャスティングのグループです(笑)。

次は、各地の団体さん。
市谷試衛館。最近はぼっち参加のような…。
20190610i.jpg
岡山新選組
岡山と新選組は結構縁が深いそうで、ここに解説がされています。
20190610j.jpg
本庄新選組同好会
この写真を撮る前に、皆さん埼玉ポーズを取っていらっしゃいました(笑)。
20190610k.jpg
西洋流火術鉄砲隊保存会
いつもバグパイプの演奏に乗って見事な隊列を披露してくださいます。
20190610l.jpg
実践女子大なぎなた部による会津の娘子隊
中野竹子さん役の方が毎年凛々しく美しいです。
20190610m.jpg
会津新選組同好会
会津からご参加の皆さんです。
20190610n.jpg
新選組! 茨城玉造隊
芹澤さんの地元から毎年参加してくださいます。
殺陣のレベルが高い!
20190610o.jpg
殺陣同志会
少年少女を中心とした参加者が、毎年剣を使ったパフォーマンスをしてくださいます。
20190610p.jpg
国際交流隊の皆さん。
年々ガチの時代劇ファンが増えているような…?
20190610q.jpg
台湾新選組
これは初めて見ました! ツアーで訪日された方々だそうです。
20190610r.jpg
日野しんせん野菜隊
地元のJAの方たちです。おいしいお野菜ありがとうございます。
20190610s.jpg
仲町自治会
地元の自治会の皆様です。素敵なお祭りにしてくださって感謝感謝。
20190610t.jpg

最後に、土方歳三没後150年を記念して参加された松平容保公の子孫、松平保久さん容保公役で登場しました。
白虎隊を引き連れているのが何とも泣ける〜!
20190610u.jpg
続いて、本年のミスター土方さん近藤さんが登場。
20190610v.jpg
今年からミスター土方さんは、このために作られたレプリカの和泉守兼定を携えています。
今後毎年受け継いでいくのだそうです。
20190610w.jpg
近藤さんにも、いつか長曽祢虎徹を……調布市から寄贈できないものでしょうかね〜?
20190610x.jpg
最後の三人の方はちゃんと騎馬でパレードもされたのですが、ポジション取りに失敗して写真を撮れませんでした。
ううぬ、来年こそは!!

ということで、2日間にわたる日野新選組まつり、たっぷりと楽しませていただきました。
来年も来られますように!
事務局の皆様、参加者の皆様、ありがとうございました!!

以下、コメントお礼です(Mさん)。

web拍手 by FC2
続きを読む
posted by 管理人 at 12:23| 萌えイベント

2019年06月11日

日野新選組まつり1日目

昨年は、退院後すぐだったので参加を断念した日野新選組まつり
土方さん没後150年となる今年は、行かないわけにはいきません。
ということで、初めて土日とも参加することにしました(今年は命日である5月11日〜12日に開催されました)。

1日目は土方歳三資料館の最寄り駅、万願寺に集合です。
20190609f.jpg
しっかり駅の表示にも書いてありますね。
150年を記念するデザインで幟やポスターが作られています。
20190609a.jpg
開館間もないというのに、資料館の前には長蛇の列。
20190609b.jpg
この時期のみ、土方さんの愛刀、和泉守兼定が鞘から出して展示されるのです。
多分刀剣乱舞ファンも結構来ているはず!
お庭には土方さん手植えの矢竹や
20190609d.jpg
天然理心流の木刀(許可をいただけば振ることができます)
20190609e.jpg
そして、札幌の工房アルティスタからやってきたキャラクター、ヒジカタ君もいました!
20190609c.jpg
普段は洋装ですが、今日のために頑張って新選組の着物バージョンも仕立てたそうです。
かっこよかったよ〜!!

館内は撮影できないのですが、展示物を見ていたら爽やかな青年が館長の土方愛さんと談笑していました。
そして突然、「皆様、近藤さんの子孫の宮川さんがお訪ねくださいました!」と紹介してくださったのです!
「うわ〜っ!!」
前に天然理心流の演武を見ていたら、すぐ横で井上源三郎さんの子孫と、沖田総司くんの子孫の方が話し出したのにも遭遇しましたが、それだけ近代の歴史だということですよね。
にしてもすごいな、日野!!

さて、次に向かったのは高幡不動です。
駅にはこんな立派な展示が。
20190609m.jpg
商店街もばっちり150年のお祝いムード(ちょっと見えにくいですが、土方さんの幟が道の両側にずらっと並んでいます)。
20190609g.jpg
お寺の境内にはこんなコスプレをしたワンコもいました。
20190609h.jpg

実はこの日の最大のイベントは、司馬遼太郎さん原作の『新選組血風録』『燃えよ剣』土方さん役を演じた、栗塚旭さんのトークショーだったのです。
くーさんはこの番組の再放送を見て土方さんに完全に落ちたそうで、初恋の人との対面でもあるのですよね〜。
場内はまさかの「撮影OK」だったので、出演者の皆さまをご紹介。
20190609i.jpg
左から、司会のあさくらゆうさん(幕末史研究家)、栗塚旭さん『燃えよ剣』原田左之助を演じた西田良さんです。
御年82歳の栗塚さんは、とてもお洒落で矍鑠としていて素敵でした。
20190609j.jpg
映画が斜陽化して、映画界のスターたちがドッとテレビに流入した時期に、東映が当時はまだ無名だった栗塚さんを主役にして作ったのが『新選組血風録』だったそうで、「多分、東映の人は当たると思っていなかったと思います。でも、放送してみたらすごく人気が出て、ゲストに東映の看板女優さんがバンバン出るようになった」とのこと。
『血風録』のあとに映画版『燃えよ剣』に主演、さらにそのテレビシリーズでも土方さんを演じて、栗塚さん=土方さんというイメージが固まったそうです。
「ファンの方たちがNHKに熱心に働きかけてくださったおかげで、大河ドラマ『新選組!』にも出演することができました」
そう、三谷幸喜さん脚本の『新選組!』には、土方さんの兄の役で出演されたんですよね。

『新選組血風録』の時は、とにかく休みなしで毎日朝から深夜まで撮影していたそうです。
「東映のスタッフは組合の規定で週に1日お休みがあるんですが、役者にはそんなものないから、その日は撮ったフィルムにアフレコしていました」
当時はマイクや機材の関係で、同録ではなく、基本的にアフレコだったそうです。
「ハードスケジュールでね。池田屋のシーンなんて冬の真夜中に撮っているから息が白いんですよ。でも、池田屋って6月の出来事ですよね」
確かに、祇園祭の前ですもんね〜。
「京都の撮影所には殺陣の達人が多くて、僕はそんなに得意じゃなかったから『栗塚は三手まで』って言われていました。三手まで撮ったらカットが変わる(笑)。当時は刀のアップは全部真剣を使って撮っていたんですよ。チャンバラシーンではもちろん竹光に持ち替えましたが」

西田さんいわく、竹光は竹光で大変だったそうです。特に原田左之助の武器は槍なので、ポキンと折れることが多くて、途中から材質を変えてもらったとか。
CGとか使えない時代ですから、撮影には今の何倍も苦労されたことでしょう。

「皆さん、『燃えよ剣』の土方はよかったとおっしゃるんですが、自分としては『新選組血風録』のほうが活躍していた気がするんですよ。『燃えよ剣』では『行ってきたまえ』と誰かを送り出して、最後に『よくやった』と迎えるだけだったから」
「そんなことないよ〜!」と、西田さんに突っ込まれていました(笑)。

楽しい時間はあっという間に過ぎて、「この後は場所を移してサイン会になります」とのご案内。
くーさんはしっかり『新選組血風録』のDVDボックスを持ってきていますから、いざ会場へ!
20190609k.jpg
会場にはこんな(↑)わかりやすい目印がありました(笑)。
なぜペルー料理屋さんだったんだろうなあ??
20190609l.jpg
ギュウギュウの店内で行列を作って、無事サインしていただきました。
20190609o.jpg
(↑)私はトークショーで配られたブロマイドに書いていただいています。
左は今年の新選組まつりの記念Tシャツ。
土方さんの150回目の命日に、栗塚さんにサインをいただけるなんてすごいめぐり合わせですよね。
イベントを開催してくださった事務局の皆様、本当にありがとうございました!!

この日はほかにもいろいろとグッズを購入。
20190609n.jpg
大量のお饅頭は、あちこちの皆様にもらっていただきました。
私がおいしくいただいたのはこちら(↓)。
20190609p.jpg
高幡不動の境内で特別販売していた会津のお酒です。
会津藩と新選組のつながりが、今に至るまで続いているのは素晴らしいですね。
上の四角い「誠」は升。
「会津藩 松平肥後守御預り新選組」と書かれています。
これを傾けて土方さんを偲びつつ、1日目を終えました。

以下、コメントお礼です(夏未さん)。

web拍手 by FC2
続きを読む
posted by 管理人 at 23:31| 萌えイベント

2019年06月07日

オジサマ専科2019 early summer『ダンディズム宣言』

なんと2週連続のダンディズムです!
そして、まさかこのテーマでは登場するまい(←失礼)と思っていた染野教授(cv. 中原茂さん)がご出演されることになりました!
ダンディだったのか、染野教授!(←すごく失礼)

舞台はカフェテラス「moonlight」。
元歴史教員の脚本家、柏崎 東(cv. 森田順平さん)がカウンターの中で困惑しています。
このカフェのマスターに、今日一日店番を頼まれたのです。
「素直に休みにすればいいものを、どうして私が……? 客が来てしまったらどうするんだ!」
手伝ってくれる彼女に励まされつつ、「どうか客が来ませんように!」と祈っていると、ドアが開きます。
そう、こんな間の悪いときに一番に来そうな客、染野教授が来店したのです。

中原さんロマダン2と同じ上下金色のスーツにピンクのシューズです。
台本をドア代わりに、おそるおそる店内を覗きます。
「あの〜、入ってよろしいですか?」
「ああっ?!」
「す、すみませんっ!!」あせあせ(飛び散る汗)
「入ればいいだろう。カフェなんだから」
「は、はい、そうですよね。……こちらに座ってもよろしいでしょうか?」
ビクビクしながらも、ここで彼女と待ち合わせをしているので入らないわけにはいかない染野教授
なるべく手間をかけたくない柏崎先生にビールやワインを勧められますが、「さすがに昼間からそれは…たらーっ(汗)とお断りします。
「まったく。どうせあなた、鬱屈した人生を送ってきたんだろう?」←ヒドイ
「そ、そういうあなたは何なんですか」
「私は元教師だよ」
「あ、数学の」
「歴史だ!!」
「ええ? すごく数学っぽいのに」
森田順平さんは、『3年B組金八先生』で数学の先生役でした)

コーヒーのオーダーに渋い顔をした柏崎先生
「いや、これからも注文されるだろうから、実験台にはいいかもしれないな」
こ、紅茶でっ!!!あせあせ(飛び散る汗)
森田さんが作業しながら『贈る言葉』を鼻歌で歌うと、中原さんがそれに合わせてタクトを振るマイムをしてました(笑)。

結局、コーヒーをいれてくれたのは柏崎先生の彼女。
(コーヒーを飲んで)「あ〜、娘さんはコーヒーをいれるのがうまいですね〜」
「娘?!」
「え?! む、息子さん?!!?」
「どこをどう見れば彼女が息子なんだ!!むかっ(怒り)

親子じゃなくて彼女だ!パンチという説明の後、突然主張を始める柏崎先生
「私は教師だったが、昔から許せないのが教え子との恋愛でね」
「え?! そ、そうなんですか??たらーっ(汗)
教え子に恋愛感情を抱くなんて言語道断だ!!
「ひえ〜っがく〜(落胆した顔)
「ああ、ところであなた、仕事は何? 彼女と待ち合わせなんだろう?」
「し、し、仕事は……ですね、ええと、その、落語家です!
なぜ落語家〜っ?!?

「見かけたことがないな」と言いつつ、サインしてもらうための色紙を買いに出る柏崎先生
「大変な人に捕まってしまった…」と汗を拭いていると、彼女がやってきます。
(ここで台本のページがめくれなくて「ちょっとめくれない…」と言ってる中原さんがかわいかった!)
旅行会社で企画の仕事をやっている彼女のために、自分も海外からの観光客向けの企画を考えてみた、という染野教授
「よかったら、これから寄席に落語を見に行かない? 
日本の演芸の素晴らしさを外国の人に知ってもらうのもいいと思うんだ」

ここから「落語家」という発想が出てきたようです。

せっかくのデートに仕事のことを持ち込むのは……とためらう彼女を、
「君と一緒にいられれば、この世界はパラダイスなんだ!
だから僕のことは気にしないで。
そう、革製品に付いてくるカビだと思ってくれればいい。
そして、僕に教えてほしいんだ。
君の感じたことをできるだけ細かく。
僕のような男の良さを見つけてくれた君だもの、きっと見つけられるよ」

と、説き伏せます。
ちなみにカビの専門家の染野教授ですから、自分をカビに例えるのは卑下ではないはず…?

実はカフェのマスターに落語家だと言ってしまって……と、ここまでの顛末を説明。
気弱な態度を反省した後、彼女に問いかけます。
「君はこんな男でよかったのかい?
ちっとも男らしくないし……。
そう?
……君だけが僕のことをわかってくれる。
そして、世界でたった一人の理解者のためなら、僕は何を投げ出してもいいと思っているんだ。
君はいつも僕を驚かせるよ。
ありがとう」


全体にコメディタッチのキャラですが、この時の声はとってもとっても素敵でした。
染野教授は時々こういう武器を出してくるんですよね〜。
たまらん揺れるハート
マスターが帰ってくる前に、と二人で店を出たところで出番は終了。
オジサマ専科はそれぞれの出演者の方のお芝居がきっちり聞けるのがうれしいです。
この後、矢尾さん大塚明夫さん真殿さん郷田さんが次々と登場。
最後に再び森田さんが締めて、イベント終了となりました。

ごあいさつでは、中原さん「前回はぼっちだったので、今回は森田さんと絡めて楽しかったです。森田さんとは今回が初めて(の共演)だったんですが、もちろん『金八先生』は見ていました!」と、うれしそうにおっしゃっていました。
「金のスーツにピンクの靴でちょっと演歌歌手な気分です」というコメントには、大塚明夫さん「(そういう人)浅草にいるよね」とツッコミ。
出演者に先輩が多いので、ちょっとおとなしめな中原さんでした(笑)。


今回も、「茂命」会からお花を出しました。
『オジサマ専科』の会場は...and flowerさんの配達圏外なので、小ぶりなアレンジ花になってしまうのですが、とても素敵に仕上げてくださいました!(クリックすると大きくなります)
20190605a.jpg
今回は、染野教授にちなんで科学実験器具のフレームにダンディ(?)な教授のイラストをアレンジ。
20190605c.jpg
↑フラスコは☆船長さんのご担当。
20190605d.jpg
↑ビーカーは也さん、シャーレは私が担当させていただきました。
20190605b.jpg
↑アレンジの中心となるバラは「アムネシア」という品種。
セピアがかったとても美しい色合いです。
20190605e.jpg
ほかにも、カリステモン、バーゼリア、ユーカリトランペット、ピオニー、バンクシャ、アリウム、ガーベラ、豆の花、グリーントリュフ(青く染色)を使ってくださったそうです。
「きれいなのにカビを感じさせる」と言っている方がいて、ウケました。
...and flowerさん、ありがとうございました!!
20190605f.jpg
そして、今回ご協賛いただいた、☆船長さん苑さん夏未さん也さん紅秋さんもあな・あへさん友さん、本当にありがとうございました!!
二週連続のイベントにご協賛いただいて、感謝感謝です!!

さあ、次は9月よ〜!!(多分)
茂命会は、いつでも協賛者を絶賛募集中で〜す!!)

web拍手 by FC2
posted by 管理人 at 12:50| 中原 茂さん

2019年06月05日

「ネオロマンスハート(トランプ)ダンディズム2」夜の部

さて、夜の部からは直ちゃんが加わります。
オープニングの中原さんは、「中原ダンディダンディダンディ茂です。終わるころには完全体になっているはずです。それには皆さんの力が必要です」
うん、直ちゃんには何のことかさっぱりわからないね〜(^_^;)。
お衣装は昼の部と一緒でした。

キャラとの問答も昼の部と同じ。
さてライブコーナーだぞ〜、と思っていたら、いきなり白龍譲くん『秋化粧の心の花守に』が来た〜!!
出演者および曲数的に仕方ないとは言え、二人ともダンディズムとはまったく関係ないぞ〜!!あせあせ(飛び散る汗)
間奏でおっきーがアドリブを仕掛けます。
白龍「譲は完全体になるの?」
「僕ははちみつプリンの完全体になるよ」(←動揺して一人称を間違えてます(^_^;))
白龍「忘れちゃったんだ〜」
「白龍は大きくなったね〜。俺は寂しいよ」(←一人称思い出しました!)
白龍「今、何ダンディくらいなの?」
「う〜ん、皆さんにお任せするよ」
(曲が終わりかけて)
白龍「すごく中途半端になっちゃったけど、最後には完全体になる…?」
グダグダでしたが、譲くんに会えたのはうれしかったです!揺れるハート

この後はレオナードの「摩天楼TIGHTROPE」と、ヴィクトールの「Innocent Sky〜青空を心に抱いて〜」が披露されました。
キャラ的にはえらいガタイのいい組み合わせですね(笑)。

LOVE QUESTIONコーナーの天の声は、今度はレオナード
この天の声は事務所ネタが好きでした(笑)。

1問目は「あなたの好きな和歌は?」
いや、それ聖地の方々には酷な質問ですって!
案の定、ちゃんと答えたのはアクラムだけでした。
忍人さんの時代も五七五七七では詠まないですからね。

2問目は「あなたの想い人がどんな水着を着てきたらうれしいでしょう?」
忍人さん「この質問は、友雅とレオナードのどちらが考えたんだ!!」
レオナード「ではまずエルンスト」
エルンスト「わ、私ですか?!」あせあせ(飛び散る汗)
「逃げるな! 逃げると斬るぞ! 戦え!」
エル「は、はい…たらーっ(汗)
多分、そういう問題ではないですが(^^;)。
そして、自分の番になった忍人さん
「そうだな。機能性重視の水着がいいな。
敵が現れたらすぐに立ち向かえるように。
だが乾きやすい素材がいいな。風邪をひいてはいけない」

ヴィクトール「確かに、それはいい!」
レオ「あんたたちは危機管理のほうが重要なんだな」

こんな会話をしていると、遅れていたヒノエが到着します。
ヒノエ「船で来たんだ。風の具合がうまくなくて、思うように進まなくてね」
「空を飛んだらどうだ?」
エル「私の認識でも、船は空を飛びます」
ヒノエ「姫君の世界でヘリコプターに乗ったことはあるけどね」
すごい勢いで作品世界が交錯〜!

3問目は「この夏どんな場所でデートしたい? 姫君をデートに誘う言葉は?」
もはやデートという言葉の解説は求めない忍人さん(笑)。
「ああ、そうだな。滝を見に行こうか。
……せっかく休んでいるところをすまない。今日は暑い。
涼める場所を知っているんだが、共に行かないか。近くに滝があるんだ。
鍛錬をするにも適しているし……ああ、違うな。
ここは誰にも教えていない。……つまり、誰にも邪魔されない。
俺は君とたくさん話をしたいんだ。これからのことをずっと……。
どうだろうか?」

今度はちゃんと未来につながる言葉でした。

続くバラエティーコーナーの司会は置鮎さん
中原さんは昼の部ほどは役に立ってなかった(笑)のでスルーして、ライブコーナーではヒノエくんが新曲「月盗人の愛執(あま)き罪」を初披露しました。
相変わらず色っぽかったですが、歌の傾向がどれも似ているので段々区別がつかなくなってきた気がしないでもない(^^;)。
エルンストの「静かな夏の物語」と、オスカーさまの「永遠のreservation」は初夏にふさわしい爽やかな歌でした。
締めは我らがジュリアスさまクラヴィスさまの「誕生」。
やはりお二人が揃っているときには絶対聞きたい一曲ですよね。

最後のコーナーの友雅さんのナビゲーションは、「君を愛しているという告白をどこかに入れてもらおう」
忍人さんの言葉は以下のような感じでした。
「オレがこんな言葉を口にする時が来るとはな。
少し前までは、君に伝えるつもりはなかった。
そばにいればそれだけでいいと思っていた。
だが、言葉にしなければ伝わらないこともある。
何度でも言おう、君を愛していると」

そう、ちゃんと千尋ちゃんに伝えなきゃだめです。
そういうエンディングを忍人さんルートに作ってくれ〜!!

キャストのごあいさつでは、中原さんの前に話したアンフィニユーキくんが大爆発しました(恒例)。
「今日はこんなに素敵な僕と……あ、違う!!」
「これからもアンフィニともどもよろしくお願いします」(と、なぜか中原さんにお辞儀させる。多分カンくんと間違えたね)
毎度のことながらすごい破壊力。
中原さんは完全体にはなれなかったそうで、「今後もダンディへの階段を上っていきたいと思います」とのことでした。
それって翌週のオジサマ専科につながっている階段なのでしょうか?(笑)

以上、駆け足でうろ覚えイベントレポをお伝えいたしました。
さあ、次は『オジサマ専科』だ!!

web拍手 by FC2
posted by 管理人 at 20:00| ネオロマイベント

2019年06月04日

「ネオロマンスハート(トランプ)ダンディズム2」昼の部

大変遅くなりましたが、5月19日に行われた「ネオロマンスハート(トランプ)ダンディズム2」のレポートを、例によって中原茂さん中心に書かせていただきます。
これだけ時間がたつといろいろな記憶があやふやになりますがふらふら、可能な範囲でがんばります!!

「ネオロマンスハート(トランプ)ダンディズム2」は、去年開催された「ネオロマンスハート(トランプ)ダンディズム」の第二弾。
第一弾から引き続きご出演の速水さん田中さん堀内さん森川さん立木さんアンジェチームに小山さんが加わり、遙かチームは置鮎さんが続投。
ナレのみご担当の和彦さんに代わって、中原さん高橋直純くん(夜公演のみ)が出演されました。
第一弾は少人数イベントのイメージでしたが、今回はちょっと多めかな?

オープニングは友雅さんのナレの問いかけに出演者が答える趣向。
リハはやったはずなのですが、皆さん結構タイミングを間違えていました(笑)。
友雅さん「初めてのロマダンはどうかな?」
中原さん「そうですね、…」
(言葉にかぶせて)「意気込みを聞かせておくれ」
「……中原ダンディ茂です。最初から失敗しましたが(笑)、昼公演で半分ダンディになりたいです」
ちょっと恥ずかしそうに言う中原さんは、上下金色のスーツに光るピンク色のシューズ、インナーは黒っぽいラメと、全身光り輝いていました!ぴかぴか(新しい)
ご本人の性格と服装の乖離がすごいです(笑)。

続いて、キャラに対する友雅さんの問いかけ。
「会場の姫君たちの、君のための装いをどう思う?」
忍人さん「その服で緊急事態に対処はできるのか? …まあ、君に似合ってはいるが」
「忍人らしいね」
同感です。

ライブコーナーでは、オスカーさまの「永遠のreservation」、クラヴィスさまの「千年の約束(ルフラン)」(この歌大好き〜揺れるハート)、アクラムの「美しき破滅への凱歌」が披露されました。
置鮎さんが間奏で、「誰がダンディかいろいろ考えてみたが、鬼の一族ではやはりイクティダールだな。今度連れてこよう」と言ったの大ウケ。
ぜひ連れてきてください〜!!

名物LOVE QUESTIONコーナーの天の声はクラヴィスさま
ジュリアスさまがカリカリしているのを華麗にスルーして、結構てきぱき進めます(笑)。
1問目は「アイスクリームを食べるのに適した気温は?」
アクラム「アイスクリームとはなんだ」
レオナード「知らないのか? どんな田舎から出てきたんだ?」
「俺も知らん」
LOVEでも何でもない質問に真剣に答えるお二人でした。

2問目は「空が青く晴れた日に、彼女と出かける場所は?」
ジュリアスさま「ホーストレッキングだな」
「何だそれは」
説明係のエルンストが解説します。
「ああ、馬の鍛錬か」
違う…。
エルンスト「私はテニスにお誘いしますね」
アク「テニス…それで意中の女を叩きのめすのか?」
ジュリ「テニスは健全なスポーツだ」
「戦闘手段ではないのか」
アク「なんだ、つまらん」
この人たちは何をしに来ているの?たらーっ(汗)
ヴィクトール「俺は海に行きたいですね」
「遠泳はどうだ? どこまでいけるか競おう」
レオ「疲れるだけだ」
「不安があるならみっちり教えるぞ」
レオ「結構です!」
アク「私は鍾乳洞に連れていく!」
さもありなん。
「ある程度開けた場所ならそれでいい。そこで鍛錬を行う。晴れているなら日が暮れるまで並んで剣を振るう、贅沢な時間だ」
ヴィク「それはいい!」
二大鍛錬バカの誕生です…(^_^;)。

3問目は「想い人にカーネーションを渡すときの、色と言葉は?」
「俺は…白いカーネーションを」
ざわめく会場。
クラヴィスさま「花言葉は純粋な愛、私の愛は生きています、だな」
「そんな意味が…。俺が伝えたい想いに近いようだな」
舞台が暗くなり、スポットが忍人さんに当たります。
「戦いや互いの立場から遠ざかったこの場所でなら、君への愛を伝えても許されるかもしれない。
俺は君が好きだ。
凛とした眼差しに、気高い魂に心惹かれる。
俺は命ある限り……いや、いつでも君を愛している。
この花を見るたびにそれを思い出してくれ」

全員の告白の後、
「最初は秘めた想いをさらけ出すのに躊躇したが、悪くなかった」
と一言。
本当に…毎回…泣かせるのやめて……もうやだ〜(悲しい顔)

バラエティーコーナーは「発見!ちまたのダンディズムハート(トランプ)
ファンからの投稿内容がダンディかダンディでないか、出演者がダンディ札を上げて判定する…という内容だったのですが、「ダンディダンディダンディ〜揺れるハートとはしゃぐ中原さんをたしなめる司会のモリモリ(笑)。
速水さん(だったかな?)にいい声で「ダンディ」と札を上げる模範を示してもらうと、中原さんが負けずにすごくセクシーな声で「ダンディ」と言ってくれました。
モリモリ「ああ、初めて中原さんが役に立った気がします」
ヒドイ…けど同感(^^;)。

2番目のライブコーナーでは、ジュリアスさまの新曲「Beautiful Night」が初披露されました。
……これ、ジュリアスさまの曲じゃないよな〜たらーっ(汗)たらーっ(汗)たらーっ(汗)
歌自体は速水さんの素敵な歌唱もあってよかったのですが、キャラソンとしてはどうなんだろう??
ジュリさまのキャラ、見失っていませんか、公式さま〜!!あせあせ(飛び散る汗)
続く忍人さんの「孤影に降る夢」はやっぱり名曲。
フルバージョンで聞きたいです、ぜひ。
レオナード(どうしてもさまが付けられない!)の「摩天楼TIGHTROPE」は名物の小山さんのハイキックがさく裂!
最後にエルンスト・ヴィクトールコンビが「夢の足音」を歌い上げてくれました。
このお二人のデュエットは本当に素晴らしいです〜!

最後のコーナーでは、友雅さん「想い人への『好きだ』という告白を入れてあいさつをしてもらおうか」とナイスなナビゲーション。
素直な忍人さん(多分この声に指示されると従ってしまうのね(笑))はちゃんと言ってくれました。
「君が好きだ。
特に強い意志を宿した瞳の輝きには吸い込まれそうだ。
ずっと見ていたいが……ここまでだ。
また会う日を楽しみにしている。
今日はありがとう」

こちらこそありがとうございます〜!!!!

キャストのごあいさつでは、中原さん「夜公演では、『中原完全体ダンディ茂』になりたいです!」と宣言。
モリモリ「夜公演では中原さんは顔に金箔貼ってくると思います」と素晴らしいツッコミを入れていました。
楽しみだね〜!!←←←

以上で昼公演は終了。
最後に、今回「茂命」会でお出しした花をご紹介させていただきます。
20190528a.jpg
破魂刀じゃなくて、生太刀のつもりです〜!
開演前はちょうど逆光でお花の色が見えにくかったのですが、...and flowerさんには星のきらめく夜空のイメージでアレンジしていただきました。
20190528b.jpg
カスミソウが星ですね。
20190528c.jpg
昼の部終演後は日が暮れてぐっと見やすくなって、青く染められた花々の色が浮かび上がってきました(クリックすると大きくなります)。
20190528d.jpg
渋い色のカラーや青いバラ、青いカーネーションが美しかったです。
20190528e.jpg
↓このバラとか、素晴らしい色合いですよね。
20190528f.jpg
ご協賛いただきましたかずみんさん☆船長さん苑さん夏未さん也さん紅秋さんまるさんもあな・あへさん友さん、本当にありがとうございました!
皆様のおかげで、毎回素敵なお花をお届けできます!揺れるハート揺れるハート揺れるハート
...and flowerさんにも大感謝です!!
中原さんファンでご興味のある方は、↓コメント欄からいつでもお問い合わせくださいね〜!

以下、コメントお礼です(夏未さん)。

web拍手 by FC2
続きを読む
posted by 管理人 at 12:19| ネオロマイベント

2019年05月28日

『下天の華』五年の宴&KTカフェ

イベントからかなり時間が経ってしまったし、レポなどせずにただ楽しもうと思って参加したので、本当に感想だけになってしまいますが、4月28日に行われた『下天の華 五年の宴』について。
キャストとスタッフとファンの熱が漲った、ものすごく素晴らしいイベントでした!

信長役の松風さんは、企画の段階からかなり関わっていたそうで、こだわりのコーナーや趣向があちこちに!
バラエティコーナーはもちろん、観客の反応で展開が変わるドラマコーナーでも大活躍で、段取りは誰よりもわかっているし、観客ののせ方も素晴らしいし、本当にお館さまでしたよ〜!

昼の部では「湖」「山」のどちらに行くかという選択肢が登場して、拍手の数で「湖」になったのですが、「山」に行った人たちに何があったのかがすご〜く気になる!
するとですね、夜の部のドラマの同じシーンで、選択肢が2つとも「山」になったんですよ!
こ、これは秀吉ルートの名物シーン!!揺れるハート揺れるハート揺れるハート

ほかにも、ほたるちゃんが何に変化するかを「小鳥」「カエル」「地蔵」から選ぶとき、観客が昼も夜も「地蔵」を選んでバッドエンドを迎えたり(リプレイ可能でした! あと、本当に地蔵が着ぐるみで登場しました!)、バラエティコーナーの問題を選ぶ方法がくないダーツだったり、オンリーらしいゲームの世界観を大切にした構成が素晴らしかったです。

「ネオロマでは最も後発のゲームだからがんばらないと!」と、出演者の皆さんが何度もおっしゃったのですが、いや、今やネオロマの中で最もゲームに忠実な、ファンの希望に沿った展開をしているコンテンツだと思いますよ。
基本的にオンリーイベントだし、出演者の方たちが「たくさんの仕事の中の1つ」としてじゃなく、「とても大切なかけがえのない仕事」と捉えていらっしゃるのがよくわかります。
『アンジェ』『遙か』『コルダ』も黎明期はこんな感じだったな〜、と懐かしくなりました。
ツイッターの公式アカウントがキャラの誕生日ごとにオリジナルドラマを投稿してくれるのも、「ああ、『遙か』も掲示板にキャラからのオリジナルメッセージが投稿されてたなあ〜!」と思い出させてくれますし。
この熱や愛は今後もぜひぜひ持ち続けていただきたいです!

夜の部の最後、突然松風さん「ここからは撮影OKです!」とおっしゃったので場内騒然!
私もあわててスマホを取り出しました。
20190522a.jpg
地蔵の存在感、すごい!(笑)
この後、キャストの皆さんが全員客席に降りてきて退場……と思ったら、また戻ってきてハイタッチしてくださったり、とにかく熱が! 愛が!! 本当に楽しかったです!!

ロビーにはファンの方たちの愛が詰まった豪華なお花が並んでいました。
20190522b.jpg

20190522c.jpg

20190522d.jpg

20190522e.jpg

20190522f.jpg

20190522g.jpg

20190522h.jpg
↑最後のこのスタンドは、キャラデザインを担当された琥狗ハヤテ先生からですよ!
本当に愛があふれていますね〜!!


さて、このイベントの翌日に、KTカフェにてアフターコラボイベントが開かれました。
私が参加したのは、feat.蘭丸&官兵衛の回と、feat.信行&百地の回。
コラボメニューは二回に分けていただきましたよ〜。
いっぺんに食べると次の回に何も食べられないから!(^_^;)
最初は羽柴軍です!
20190526a.jpg
左下が「竹中半兵衛の闇に舞う桜 あんこ餅」、右下が「羽柴秀吉の恋ノ文 冷やしうどん」、左上が「佐吉メニュー ほうじ茶ラテ」、右上が「黒田官兵衛の至上の華 バタフライピーティー」
これだけだと官兵衛が納得しない(笑)ので、姫との2ショットも撮ってみました。
20190526b.jpg
左は「光射す未来へ チョコマフィン」です。
よかったね、官兵衛

ここで我に返った私。
今回、蘭丸回でもあるじゃん!!
蘭丸のメニュー食べなきゃダメじゃん!!あせあせ(飛び散る汗)
20190526c.jpg
左が「森蘭丸の永久に誓う あつめ汁」、右が蘭丸が大好きな(←)「織田信長の燃ゆるが如く 真っ赤なジュレデザート」
お館さまのデザートは札がでっかくて本体が見えないので、後ろに回り込むとこんな感じ(↓)です。
20190526d.jpg
金平糖が載っているのがかわいいです!

ちなみに次の回で食したのはこちらのメニュー。
20190526l.jpg
左下が「織田信行の希望の光輝 鮭おにぎりセット」、右下が「明智光秀の秘密の唇 月光饅頭」、左上が「徳川家康の幸せ日和 梅ドリンク」、右上が「百地尚光の忘れえぬ面影 紅葉入りコーヒー」
以上で全メニュー制覇しました!
念のため言い訳しておくと、全部食べたわけではなく、一緒に参加したゆかりさんとシェアしましたので、ご心配なく!(笑)

食事の後は久遠さん(3回目はカエル、4回目はニワトリ(小鳥のつもり?)のかぶりものをしていました)司会でクイズ大会、ジャンケン大会などを開催。
休憩を挟んで現れたときにはこのお姿になっていました!
20190526f.jpg
ありがたい!!
20190526m.jpg
前日のイベントでも、地蔵の中身は久遠さんだったんですよね〜。
「一生分の『かわいい』をいただきました」とコメントしていました(笑)。
ちなみに客席を回り終わった後はこのお姿に(↓)。
20190526n.jpg
ウケてました!

カラオケコーナーや、ランダム配布のコースターの交換などを通じて同じテーブルの方たちとも仲良くなれるし、KTカフェのイベントは楽しいですね〜。
7月の譲くんのお誕生日にも何かしてくれないかな〜。
なお、私が座ったのは3回目が佐吉、4回目が七介テーブルでした。
20190526e.jpg
ついでにこんな記念写真も撮りましたよ〜。
20190526h.jpg
ビバ! 羽柴軍!
次回のイベントでは揃ってほしいですね〜。

店内にはイベントで販売されていた布ポスターがずらりと貼られていて壮観でした!
20190526g.jpg

20190526i.jpg

20190526j.jpg

20190526k.jpg
極めつけは、琥狗先生描き下ろしの信長さまのイラストで、最後にはテーブルの札もこの下に集められて、祭壇みたいになっていました(笑)。
20190526o.jpg
愛だわ〜!
ファンの愛が熱いわ〜!!

あっという間の2日間でしたが、『下天の華』ワールドを心ゆくまで楽しむことができました。
お付き合いいただいた皆様、本当にありがとうございました!!
『遙か』『4』まででオンリーやってくれ〜!

以下、コメントお礼です(もあな・あへさん)。

web拍手 by FC2
続きを読む
posted by 管理人 at 13:00| ネオロマイベント

2019年05月23日

舞台2本と映画2本の駆け足レビュー!(ネタばれなし)

一部の皆様にはご心配をかけてしまったようですが、ちゃんと生きています!
ゴールデンウイークからこっち、遊びすぎてブログを書いている時間が取れませんでした〜!
ということで、本日は舞台2本と映画2本を極めて雑にレビューします!
だってそうでもしないと書ききれない〜!!あせあせ(飛び散る汗)
イベント2本のレポはこの後になります〜!!

さて、最初の舞台は『PSYCHO-PASS サイコパス Virtue and Vice』
20190521a.jpg
愛する鈴木拡樹くんが、愛する『PSYCHO-PASS』の舞台で主演してくれるなんてサイコー!!揺れるハートと、ワクワクしながら劇場に向かいました。

ストーリーは公式HPでご確認いただくことにして、舞台の感想のみ述べさせていただきます。

『踊る大走査線』の演出家としても有名な、『PSYCHO-PASS』の生みの親、本広克行氏の演出は、まさに『PSYCHO-PASS』の世界でした。
アニメでおなじみのキャストは登場しないのですが、世界観といい、ひねりがききまくったストーリーといい、犯罪の猟奇性といい、まったくそのまま!
そう感じさせられた大きな理由は、きわめて「映像的」な表現にあります。
紗幕やセットの各所に次々と投影されるさまざまなイメージ。
回想や登場人物の心象やカットバック的なシーンが目まぐるしく移り変わり、アニメ『PSYCHO-PASS』が忠実に再現されます。

ただ、そういった演出が生身の人間が演じる「舞台」の魅力を少し削いでしまったようにも感じました。
何せ主演はあの鈴木拡樹くんです。
いくらでも複雑で矛盾した人間像は演じられたはず。
しかし、一度見ただけではその辺が非常にわかりにくかったのです。
さらに登場人物が全員男性で、服装が似ていたためキャラをつかむのに時間がかかりました。
その間に大切な伏線を相当見逃してしまったはず。
つまり、映像作品のように巻き戻せない舞台作品の演出としては、多少配慮に欠けていたように思うのです。

逆に言うと、普段見ている舞台というのは、ちゃんと舞台用の演出や配慮がされているんですね。
クローズアップやカットバックが使えない分、各登場人物の心情や行動を丁寧に描いたり、伏線を印象に残るように見せたり……。
映像的表現を舞台に置き換えるのではなく、舞台でしかできない、舞台だからこそできる表現をもっともっと取り入れてほしい! 
役者さんの魅力がしっかりと伝わってくる内容にしてほしい! と、強く感じた作品でした。
同じようにCGを使いまくっても、劇団新感線『メタルマクベス』では役者さんたちの魅力が爆発していましたから、絶対できると思うのです。


さて、2本目は私の最推し俳優、根本正勝さんが出演した『クロードと一緒に』です。
20190521b.jpg
横浜・赤レンガ倉庫の中にある劇場で上演されました。
あんなところに劇場があったんだなあ〜。

ストーリーは公式HPを参照していただくことにして、こちらはまるで『PSYCHO-PASS』の対極にあるような、実に演劇的作品でした。
固定されたセット、BGMもなく、刑事と男娼のほぼ二人だけで繰り広げられる物語。
ベケット『ゴドーを待ちながら』ほど不条理ではなく、映画の『桐島、部活やめるってよ』ほど展開がにぎやかでもなく……。
一番近いのは加藤健一さんの一人芝居、『審判』
いや、二人芝居の『スルース』かな??
ただ、後者2作ほどエンタメ性はなかったです。
見る側が相当追いつめられるタイプの劇。

刑事役の根本正勝さんは、ものすごい量のセリフをものすごいスピードでまくし立てる役で、言っている内容もかなり下卑てきわどいのですが、持ち前のノーブルさのためか、聞くに堪えないような下品さは感じられませんでした。
男娼役の小早川俊輔さんも素晴らしい熱演で、不敵さ、捨て鉢さ、絶望や純粋さなど、クルクルと目まぐるしく変わる感情を見事に表現。
「うわ〜、こんなに実力のある若手俳優さんがいたんだな〜」と感動してしまいました。
小劇場ならではの、すぐ目の前で繰り広げられる息詰まる演技のぶつかり合い。
お二人の役者修行の一環としてはとても意味のある、ハードな経験になったと思います。

が、私はこの手の話、苦手だわ〜!!あせあせ(飛び散る汗)
これだけストイックな道具立てで観客に「我慢」を強いるのなら、せめて『審判』のようなカタルシスや、『スルース』のようなエンタメ性を入れてほしい!
私は男娼の心理にまったく肩入れできなかったので、
「はあ、そうだったんですか…。最初からもうちょっと順序立ててお話しいただければ、上演時間が半分ですみましたよね〜」
などと、身も蓋もない感想を抱いてしまいましたよ!
もちろん好みや相性の問題なのでしょうが……。
演劇には本当にいろいろな種類があって、相性が合わないお芝居の場合、見るのが結構大変だよ〜! ということをあらためて思い出しました。
ちゃんと理解できなくてすみませんあせあせ(飛び散る汗)


さて、続く2本は映画です!
20190519c.png
『キングダム』
もちろん吉沢亮くん目当てだ!←
そして、すごく面白かった!!

原作の知識ゼロで見に行ったのですが、ちゃんと話はわかるし、キャラもつかみやすいし、展開にドキドキできました。
主人公は正義感と身体能力はずば抜けているけれど、ちょっとおバカ(山ア賢人くん、素晴らしい)。
親友は優しく美しく儚く、後に出てくる王様はクールでシニカルでかっこいい!(吉沢くん、演じ分けが見事)
マスコット的に登場する少女は生意気でかわいくて健気(神楽〜じゃなくて橋本環奈ちゃん、いいね!)。
こ、こ、これぞ少年漫画!!!
なつかしささえ感じながら見てしまいました。

こういう少年漫画では悪役の存在感が大切で、それをゲスな感じで演じてくれた本郷奏多くん、圧倒的な強さを感じさせた坂口拓さん、本当にありがとう!!
長澤まさみさん大沢たかおさんもさすが!!
完全に中国のお話なんですが、全部日本語で理解できるってうれしいですね(笑)。
まだまだ原作では序盤の部分の物語だったので、続編期待しています!
次はどんな敵役が登場するのかな〜??


はい、最後はこちらの1本!
20190519d.png
『名探偵ピカチュウ』
モフモフ好きの私としては見逃せない映画でした。
そして、本当にモフモフしたくなりました〜!
ピカチュウかわいすぎる〜!!

お話は結構まともで、伏線もきっちり回収される構成。
キャラのかわいさだけに頼った映画ではありません。
でも、個人的にはもっとかわいさを強調してもらってもよかったかも。
コダックとか、もっとかわいくできるよね?
ガーディイーブイももっとアップで見たかったわ〜。
イチ推しのコイキングが出てきてくれたのはうれしかったですが、実写だと多少生臭そう…(^^;)。
モブだけどヒトカゲがかわいかったです。

時間の都合で吹き替え版のほうを選んだのですが、三木さんが結構重要な役で出ていらっしゃいました!
竹内涼真くん西島秀俊さんの吹き替えも悪くはなかったですが、やっぱり完全に画面に集中できるプロの声優さんにお願いしたいですね。
役者さんだとどうしても注意が逸れてしまう瞬間があるので。
最後のエンドロール、ピカチュウの声として大谷さんがメインキャストにクレジットされていたのはとってもとってもうれしかったです。

以上、4本まとめてのレビューでした〜!!

以下、コメントお礼です(吉川さん)。

web拍手 by FC2
続きを読む
posted by 管理人 at 12:26| 根本正勝さん

2019年04月25日

『ヒトラーvs.ピカソ 奪われた名画のゆくえ』見てきました

20190420a.jpg
『ヒトラーvs.ピカソ 奪われた名画のゆくえ』
見てまいりました〜!
雑誌の映画評でチェックはしていたのですが、字幕を大学の同級生の吉川美奈子さんが担当されたと知って、即、映画館に向かいました。

今回の字幕は別の方が担当かな〜と思ったのは、映画の案内役がイタリア人俳優だったため。
監督さんもイタリア人で、映画の中で最も多く耳にするのはイタリア語です。
ただ、当然ながらドイツ語もたくさん登場しますし、さらに英語、フランス語とどんどん言語が変わるので、字幕を読もうと思っていてもつい耳も動いてしまう!(イコール理解できる、ではないですが)
ということで、見終わったときは疲労困憊しておりました(^_^;)。

ドキュメンタリー映画なのですが、おおよその内容は公式HPによると以下のとおり。
ナチス・ドイツがヨーロッパ各地で略奪した芸術品の総数は約60万点にのぼり、戦後70年以上経った今でも10万点が行方不明と言われる。
なぜ、ナチス・ドイツは、いやヒトラーは、美術品略奪に執着したのか?
彼らは、ピカソゴッホゴーギャンシャガールクレーらの傑作に「退廃芸術」の烙印を押しそれらを貶め、一方で、純粋なアーリア人による写実的で古典主義的な作品を擁護。
同時に、故郷リンツに“総統美術館”設立の野望を抱き、右腕的存在のゲーリング国家元帥と張り合うかのうように、ユダヤ人富裕層や、かのルーブル美術館からも問答無用で憧れの名品や価値ある美術品の略奪を繰り返した。
権力は芸術をも支配できると妄信するナチスが行った歴史上最悪の美術品強奪と破壊、そしてヒトラーの秘宝たちが辿った知られざる真実とは――?


いまだ10万点が行方不明というのにも驚きますが、私がもっと驚いたのは、映画の中に登場するユダヤ人家族が、長い長い裁判を経てほんの数年前にようやくかつて所有していた絵画を取り戻した、という事実でした。
そう、ナチスに略奪された美術品は、まだ所有者の元に戻っていないのです。
上述の「退廃芸術」「晒しものにする」目的でドイツ各地で展示された後、戦費を調達するために売り払われています。
略奪の末の売買であっても所有権が移った以上、「返してください」「はい」という訳にはいきません。
美術館所蔵となっている作品の場合、個人の所有に戻すことが果たしていいのか、という問題もあります。
70年前の暴挙は、いまだ禍根を残しているのです。

一方、個性の発露である芸術作品の優劣を、時の権力者が決める怖さも強く感じました。
ヒトラーの描いた絵を見たことがありますが、下手ではない、でも個性の薄い具象画で、こういう画風の人が印象派やキュビズム作品を理解できず、憎むのもまあ理解できます。
芸術の愛好家を名乗っていたゲーリングが好んだ絵画も、彼のフェチが反映されていてちょっとイヤ…(絵画に罪はなく、セレクトが気持ち悪い)。
こういった好みはもちろん誰にでもありますが、彼らの最大の罪は、好みに合わない作品の存在を許さなかったことです。

なお、タイトルになっているピカソは、実はほとんど登場しません。
けれど、とても強烈な印象を残します。
見終わった後、「なるほど、だからタイトルにしたのか」と、思わずつぶやいてしまいました。
現代に通じる問題も提起されている異色のドキュメンタリーなので、興味がある方はぜひ映画館に足をお運びください。
美奈子さん、お疲れ様でした!!

web拍手 by FC2
posted by 管理人 at 23:58| 舞台・映画レビュー

2019年04月21日

新宿御苑の夜桜ライトアップ

今年初めて行われた、新宿御苑の夜桜ライトアップ。
先週の平日5日間だけの催しだったのですが、あんまり素敵だったので2晩連続で行ってしまいました。
20190417a.jpg
まだ知られていないのか、人は少なめ。
20190417o.jpg
ライトアップも千鳥ヶ淵や野川と違って、最低限に絞られているのでちょっと不思議な雰囲気がありました。
20190417c.jpg
↓こちらが最も桜が密集しているエリア。
20190417d.jpg
「さんざめく」という言葉を思い出してしまいました。
20190417g.jpg
LED照明のため、時間の経過と共に色が変わっていきます。
それが、御苑の外の都会的な雰囲気とよくマッチしているような。
20190417e.jpg

ソメイヨシノは葉桜となり、このライトアップの主役は八重桜です。
さまざまな種類があって、どれもとても美しかったです。
20190417b.jpg

20190417h.jpg

20190417i.jpg

20190417k.jpg

御苑内の広場では、アトラクションも行われていました。
新宿二丁目に隣接しているということで、こんなゲストも登場!
20190417m.jpg
ドラァグクイーンの皆様です。
左の人がお人形さんみたいにきれいでびっくりしました〜!!
20190417n.jpg
めっちゃ長身で、ヒールを入れると2メートル超えているそうです(笑)。
「私たちが呼ばれるなんて、ダイバーシティを感じるわよね〜」という言葉に大きくうなずきました。
本当だよ。すごいよ。

ステージ上では、ドイツの大道芸コンテストで2年連続優勝したというしょぎょーむじょーブラザーズが素晴らしいパフォーマンスを披露してくれました。
20190417q.jpg

20190417r.jpg

20190417s.jpg
生身の人間が仕掛けゼロで見せる神業の数々に、手に汗握った〜!!


今年はのんびりゆっくりと楽しめましたが、来年にはもっとメジャーになって人が押しかけちゃうのかなあ?
こんな幽玄を感じさせる風景も、今年限りかもしれません。
20190417f.jpg

20190417l.jpg
貴重なものを見られてよかった!!

web拍手 by FC2
posted by 管理人 at 23:37| 萌え園芸

2019年04月18日

『ラフ∞絵』展を見てきました

高校時代の友人たちに誘われて、ちょっと異色なこの展覧会を見てきました。
20190416a.png
「ラフ∞絵(ラフむげんえ)」

主催者いわく
かつてタツノコプロで出会った4人、「こちら葛飾区亀有公園前派出所」作者の秋本治「FINAL FANTASY」シリーズの天野喜孝「機動戦士ガンダム」のメカニックデザインを手がけた大河原邦男「魔法の天使 クリィミーマミ」のキャラクターデザインを担当した高田明美の展覧会です。
とのことです。

天野さん大河原さんタツノコのイメージが強かったですが、秋本さん(アニメーター出身なのは知っていました)と高田さんもそうだったのか〜!

テーマが「ラフ」ということで、完成したイラストよりもその前のラフスケッチが数多く展示されていました。
天野さんのイラストは、「ファイナルファンタジー」「陰陽師」で見た程度ですが、あらためてクリムトグスタフ・モローの影響が強い方なのだな〜と。
ラフにはほとんど描かれていない細かい模様や事物は、仕上げをしながら描き足していくようです。
金色がふんだんに使われていて、これは印刷屋さん泣かせですね。
色の再現がすごく難しそうでした。

大河原さん『タイムボカン』風のかわいいメカと『ガンダム』系かっこいいメカに分かれていて、女性人気は前者、男性人気は後者に集中していました(笑)。
AI搭載の動くハロもいてかわいかったです。

秋本さんはあれだけの長期連載(1976年から2016年まで一度も休載なし!)をされていたので展示するものに困ることはないはずですが、やはりあえてラフを多めに。
編集者に見せるネームがすでに相当面白くて、思わず1話分じっくり読んじゃいました(笑)。
神田明神に奉納した『こち亀』絵巻(レプリカ?)も展示されていました。

高田さんの展示は、『魔法の天使クリィミーマミ』『機動警察パトレイバー』が中心。
キャラクターデザインのお仕事なので、納品も鉛筆で描いたものが多いようですが、完成作品を仕上げるまでに何度も何度もラフをトレースして線をクリーンアップしているのに驚きました(制作風景が動画で見られました)。
そして本当に本当に線が美しい!!
少女漫画描きの端くれとしては、ただただうっとりしておりました…。

さて、当然ながら撮影等はいっさい禁止の展覧会場の中で、実は1カ所だけ撮影OKな場所があったのです!
「チェンジ・アンド・チャレンジ」というコーナーで、なんと4人がそれぞれ、お互いの代表作品を描くという、「ああ、漫研時代にも似たような遊びをしたな〜」な企画!
では、ご紹介しますよ〜!!(ほとんどの絵が、クリックすると大きくなります)

まずは大河原さんがメカデザインをした『装甲騎兵ボトムズ』を、秋本さんが描きます。
20190416b.png
ボトムズ麻雀
そ、そう来たか〜!!あせあせ(飛び散る汗)

お返しに大河原さん『こち亀』を描きます。
20190416c.png
ガンダム風からタイムボカン風まで、いろんな両さん
天野さん『こち亀』を描くと(↓)、
20190416d.png
両さん、一気にあっちの世界に行っちゃった感じになりますね(^^;)。
高田さんによる美しすぎる麗子ちゃんも眼福でした。
20190416e.png

さ〜て、次は天野さん『吸血鬼ハンターD』(↓)が獲物になります。
20190416h.png
まずは秋本さん
20190416f.png
モノクロの世界が結構それっぽい!
続いて高田さん
20190416g.png
『ときめきトゥナイト』
大河原さん『ファイナルファンタジー』のほうをモチーフにしています。
20190416j.png
ちなみに天野オリジナル版はこちら(↓)。
20190416i.png

今度は、天野さん大河原さんの代表作を描きます。
20190416k.png
ゴヤ「巨人」かな?

続いてタツノコの代表作、『科学忍者隊ガッチャマン』の競作。
まずは秋本さん
20190416l.png
ジュンがすごい巨乳になってますな…(^^;)。
高田さんはご自身が大好きという大鷲のケン
20190416m.png
美しい!!!!ぴかぴか(新しい)
アップも載せておきます。
20190416n.png
この1枚が私の最もお気に入りとなりました(笑)。

最後に皆様がチャレンジされたのが、高田さん『魔法の天使クリィミーマミ』
こちらも秋本さんから。
20190416o.png
背景に相当力が入っていますね〜。もう1枚。
20190416p.png
『こち亀』『マミ』の合作になっています。
天野さんはこっち系の少女漫画はちょっと苦手かな?
20190416q.png
最後に大河原さん
20190416r.png
ブレません!!(笑)

以上、なかなか楽しい展示会でした。
パソコンで絵を描く人がほとんどになってきたこの時代に、すべてアナログ!
描き手の息吹が聞こえてくるような肉筆画ばっかり!
とても贅沢な経験だったかもしれません。

web拍手 by FC2
posted by 管理人 at 22:00| 萌えイベント