2018年03月31日

野川の夜桜を見てきました!

野川の夜桜はこれまでも何度かご紹介していますが、基本的には地元民のためのイベント。
年に一度、ウイークデーの午後6時から9時の3時間だけ、野川沿いの桜並木がライトアップされます。
「映画の街 調布」らしく、ライトアップの機材が映画撮影用のライトなので、それはそれは美しいのです!
20180331a.jpg
開催の告知が2日前なので、地元民であっても予定を合わせるのが大変なのですが、今年は『マツコの知らない世界』で紹介されちゃったので、例年以上の人出!!
体調的にコースを全部歩くのはキツイなあと思っていたら、同僚で地元民のSさんが素敵なショートコースにご案内くださいました。
Sさん、本当にありがとう!!
ということで、同じ角度からの写真ばかりになっちゃいますが、ご紹介します。
20180331c.jpg
桜の下に見えているのが映画用の照明機材です。
調布市の撮影用照明機材レンタル会社、アーク・システムさんが毎年セッティングしてくださいます。
雨が当たると壊れてしまうデリケートなライトなので、天気予報を見極めて実施日を決定しているのだそうです。
毎年本当にありがとうございます!!
20180331e.jpg
↑↓桜の向こうにはきれいな月が見えました。
20180331b.jpg
少し暈がかかっていて、春ですね…。
すっかり葉桜になった都心と違って、都下の調布はちょっと開花が遅め。
花びらもまだそれほど散っていなくて、まさに「盛り」を楽しめました。

最後に動画をアップしておきますので、夜桜見物気分をお楽しみください!

来年の夜桜もみんなと一緒に見られるといいな…。

web拍手 by FC2
posted by 管理人 at 10:42| 日記

2018年03月28日

『カミーユ・ビダン×ぴあ』買いました!

今日、外出先でツイッターを見ていたら、この画像が現れてびっくり!
20180328a.jpg
『カミーユ・ビダン×ぴあ』

え? 何?
誰かがコラで作ったの?
昔の本??
と、一瞬混乱しましたが、なんと本日発売の新刊ムックでした!!
な、なぜ今『機動戦士Zガンダム』なの?
というか、さらに絞り込んでなぜ今カミーユなの???
まあ、私のようにホイホイ買ってしまう人間がいるから出すんでしょうが(^_^;)

名言集からストーリーの詳細な紹介と年表、舞台となった場所の図解、キャラ分析にカミーユの撃墜記録まで、内容は本当に盛りだくさんで、とても丁寧に作られています。
一日ではとても読みきれないのですが、真っ先に読んだのはもちろん飛田展男さんのインタビューです!
6ページぎっしり!
読みごたえありまくりです!揺れるハート揺れるハート揺れるハート

中原茂さんもデビューの翌年に『聖戦士ダンバイン』の主役に抜擢されて、富野由悠季監督に相当振り回されたようですが、デビュー3年目で『機動戦士Zガンダム』の主役に選ばれた飛田さんも非常にご苦労されていますね〜ふらふら
さらに18年後、映画版のために再度オーディションを受けた際にもまたまた……。
富野監督、本当に只者じゃないわ〜。
詳しくはぜひ、ムックで読んでみてください!
すごく面白いです!!

ちなみにこの映画版『機動戦士Zガンダム 星を継ぐ者』を映画館で見たとき、ちゃんと高校生な飛田さんに驚愕し、さらに若いチンピラっぽさ満載のジェリドを演じる井上和彦さん「ば、化け物!」という失礼な感想を抱いたことを覚えています(笑)。
声優さんって本当に本当にすごいんだよ〜!!!

このムックを読んでいると、また『Z』の本編を見たくなりますが、いやいや、今は再放送が始まった『新機動戦記ガンダムW』のほうに集中しなければ!
ぴあさん、これに味を占めて『ショウ・ザマ×ぴあ』とか『トロワ・バートン×ぴあ』も出してくれないかな〜。
後者は主役じゃないから難しそうですが(^_^;)。

web拍手 by FC2
posted by 管理人 at 22:59| CD・本レビュー

2018年03月26日

『ドラゴンボール超』最終回!

20180325.jpg
↑は番組が始まったころにフジテレビのショップで買ったモバイルバッテリーです

さて、前回、まさかの復活を遂げた人造人間17号
最終回では悟空フリーザの援護に回って、なんと最後に残った一人となりました。
復活してくれただけでも本当に本当にうれしかったのに、こんな物語のカギとなる位置に来るなんて!!
ファンとしては滂沱の涙でございます〜。
再会したころは多少ワーカホリック気味のパパでしたが、第七宇宙のために戦ううちに目覚めたみたいで、最後には仕事と家族サービスを両立させていました。
いったん「あきらめた」と言っていたクルーザーでの家族旅行、実現できて本当によかった!!
鳥山先生、ありがとうございます!!

ラジオ『ただ風の中で』を聞いたところ、『ドラゴンボール超』のキャストの皆さんで打ち上げ旅行にも行かれたようですね。
いまどき珍しい長い放映期間のアニメでしたから、きっと語り合いたいことが多かったでしょう。
中原さんが楽しそうでよかったです。

さて、年末公開の映画には17号の出番はあるのでしょうか?
もちろん出てほしいけれど、もう少し家族との穏やかな時間を過ごしてほしいかな…。
ね、ラピス

以下、コメントお礼です(Mさん)。

web拍手 by FC2
続きを読む
posted by 管理人 at 00:57| 中原 茂さん

2018年03月18日

「夢ならばどれほどよかったでしょう」

20180318a.jpg
ドラマ『アンナチュラル』を見ていた人なら絶対に忘れられないこのフレーズ
「夢ならばどれほどよかったでしょう」
私の心にも突き刺さったので、CDをポチッとしちゃいました。
米津玄師さん『Lemon』
このバージョンは、武道館でのライブ映像とPV2本が入ったDVD付きでした。
ライブの曲を聴く限りでは、『Lemon』はかなり幅広い年齢層でも聞けるように作られているのかな?
あと、『灰色と青』でデュエットしている菅田将暉くん、歌がうまくてびっくりでした。
しばらくヘビロテだな。

さて、金曜日に最終回を迎えた『アンナチュラル』
素晴らしいドラマでしたね。
石原さとみちゃんのスケジュールの関係で、昨年中にクランクアップしていたそうですが、仮想通貨や過労死、さらには公文書改ざんまで、まさに今話題になっていることが次々と登場しました。
神倉所長
「UDIラボは中立公正な機関です。補助金はいただいても、お上におもねり、解剖結果をねじ曲げるようなことはしません」
「職員一人に背負わせて、知らぬ存ぜぬはできません」

には感動。
こ、国会で聞かせてやりたい……。

とてもシビアな話を取り上げつつ、ほっと心が温まるようなシーンを差し挟むエンターテインメントとしての配慮が行き届いていて、視聴者は追い詰められすぎずに作品のテーマを深く心に刻むことができました。
後に亡くなった男性が、バイクで転倒したときに見た夜空の花火
被害者の恋人が犯人に振り下ろしたナイフ
中堂が少年に言った「許されるように生きろ」
脚本と演出と演技の素晴らしさがリンクして、どれも忘れがたい名シーンです。

UDIラボのメンバーはみんな大好きだし、毛利・向島の刑事コンビ、葬儀社の木林さん、最後には週刊ジャーナル末次さんまで好きになったので、ぜひ続編も作ってほしいですね〜。

「夢ならばどれほどよかったでしょう」
そんな出来事は誰の身にも突然起きて、しかもそれは決して夢ではなくて。
けれどそれと向かい合うことが、「生きる」ということなのでしょう。

以下、コメントお礼です(☆船長さん)。

web拍手 by FC2
続きを読む
posted by 管理人 at 22:32| テレビ番組レビュー

2018年03月11日

『リバースヒストリカ 2018』素晴らしかったです!

2008年、『遙かなる時空の中で 舞一夜』初演の後に根本正勝さんが客演した『リバースヒストリカ』
残念ながらDVDでしか見られなかったのですが、素晴らしかったんです!!!
土方さん鷹通さんに並ぶねもっちゃんの最高の当たり役、明智光秀!(あくまで私基準)
今回、10年ぶりの再演で再度この役に挑戦すると知って、久々にチケットを複数枚買ってしまいました!

20180311a.jpg
愛川欽也さん・うつみ宮土理さんが建てたことで有名な中目黒キンケロ・シアターは、椅子がフカフカで観客にはとってもやさしい作り。
ただ、舞台の奥行きがかなり浅くて、前にキタムラさん『白キ肌ノケモノ』を見たときには、「狭い! もっと広い舞台でやって!」と、狭所恐怖症発作もどきを起こしそうになったのを覚えています。

今回の『リバースヒストリカ』もそこそこ人数が出る劇だし、殺陣も多いし……と不安だったのですが、杞憂でした
立体感のあるセットをうまく使ってキャストの位置を分散し、動きを出しながらも決して狭苦しさを感じさせない秀逸な演出ぴかぴか(新しい)
スモーク等の使用も最低限で、基本は照明と効果音のみでシーンを盛り上げるので、役者さんたちの演技力がより際立つ!
劇場のサイズにとても合っていたと思います。


さて、ここからはネタバレありのレビューになるので、お気をつけください。

今回は、休憩なし90分の上演のため、脚本をうまく刈り込んでいました。
よって、光秀にとどめをさした土民との前世の因縁はなし。
町内会有志で映画を撮影するため神社に集まり、監督役が呼んだ祈祷師が、実は霊媒師だったことから面白半分に降霊。
なんとメンバーの一人、浜崎明智光秀の霊が降りてしまう……という展開になっています。

霊が降りた後の根本さんは本当に緊張感にあふれていて、凛々しく律儀な戦国武将。
台詞回しはもちろん、所作がとてもきれいで「ああ、やっとこの光秀に生で会えた!」と感動してしまいました。
今回の信長は、松浦唯さん演じる女性キャラ、大塚
タッパがある美しい人で、無名塾仕込みのドスのきいた発声がとてもかっこよかったです!
「信長様〜〜!!!」とついていきたくなるような、カリスマ性がバリバリに出ていました。
そして、芝居の成否を決めるキーパーソン、秀吉こいづか登さん
これが素晴らしかった!!!
大河ドラマ『真田丸』秀吉像の影響もあって、この人がただの庶民的で人たらしな人物でないことはよ〜〜くわかっていますが、それを含めても魅力的!
自分の中の闇や野望を否定せず、けれど稚気に富んだ魅力をガンガン放出して、「(もうろくする前は)こんな人であったんだろうなあ」と思わせる説得力のある演技でした。

この三武将のトライアングルがしっかりしているので、柴田勝家森蘭丸、さらには儲け役の真田幸村がそれぞれ光るんですよね。
一回目に見たときは、とにかく「ねもっちゃん素敵〜! 信長さまかっこいい! 秀吉すごい!!」みたいな単純な感想だったのですが、二回目には脚本の細かい伏線やキャストの皆さんのきめ細かい演技に気づくことができて、この90分の劇がとても精巧な、寄木細工のからくり箱のように作り上げられていることがわかりました。
レ、レベル高い!!あせあせ(飛び散る汗)

全編ほぼ無言で、「だまされたのではなく、自分の意志で…!」に至る葛藤を演じた根本さん光秀に泣かされ、信長を慕う素直な気持ちを吐露する秀吉に泣かされ、全体のタッチは軽いのに、ものすごく質の高い戦国ものを観劇したような「読後感」でした。
本当に素晴らしい舞台をありがとうございました!!

あ、個人的には大好きな長谷川哲朗さんの伝説の役、川上を見られたのもうれしかったです!
魚持ってくるところすごい好きなの〜!!


そして、あの日から7年。
根本さんこいづかさんは、奇しくも福島出身のようですが、あの年、震災の後、最初に足を運んだのも根本さんの舞台でした。
どんな苦境にあっても、エンタメができることはあるはず。
そんな信念を感じさせられる舞台でした。
これからも素晴らしい演技で、私たちを支えてください!

最後に、今日7度目のお誕生日を迎えた、☆船長さん家のたっくん、おめでとうございます!!バースデー

以下、コメントお礼です(3/9のweb拍手の方)。

web拍手 by FC2
続きを読む
posted by 管理人 at 09:37| 根本正勝さん

2018年03月03日

中の人つながりが楽しい『熱帯男子』

20180303.png
5年前に根本正勝さんが出演したミュージカル、『熱帯男子』
再演の今回は1日だけゲスト出演するというので、見に行ってみました。
前回のキャストにはAshでの相棒、中村誠治郎さんや、『遙か2』勝真を演じた加藤慶祐くんもいて、思わず二回も足を運んでしまったのですが、今回はろくにキャストも調べずに劇場に突入。
『戦国BASARA』毛利元就役、小谷嘉一さんがいるのにびっくりしました!
コニー、ひさしぶり〜っ!!揺れるハート

ほかに見たことがある役者さんは、『遙か5』アーネスト・サトウ役を演じた冨森ジャスティンさん『刀剣乱舞 虚伝 燃ゆる本能寺』江雪左文字役を演じた輝馬さん、それにアンフィニSoriさんくらいかな?
個人的には、鷹通さんを演じた根本さんと、元就さまを演じた小谷くんが同じ舞台に立っているのがすごくすごくうれしくて!!揺れるハート揺れるハート揺れるハート
中の人つながり、バンザイです!!ぴかぴか(新しい)

根本さんの役どころは、初演でシャランQはたけさんが演じていた「地元出身の大スター」
出番は少ないのですが、例によって巧みなアドリブと緩急自在なコメントで場をさらっていました。
このクレバーなところがたまらんわ〜。かわいい
ただ、キャストからの「おじさん」連呼は、ご本人よりもファンの心にグサグサ刺さりました(^^;)。

一方、コニーは年明けからいろいろなことがあって大変だったでしょうに、明るく楽しく例によって人のよさそうな笑いでなごませてくれました。
うん、これからも応援するからね!グッド(上向き矢印)
努力家の君が好きだ!!黒ハート

終演後のトークショーは、ヒロインの矢島舞美ちゃん、初演で根本さんが演じた兵次役の山口葵くん、それに根本さん小谷さんという私のためのような顔ぶれ(笑)で、すごくうれしかったです。
根本さん山口くんと約20歳も違うことに動揺していたのが笑えた。
そりゃあ「おじさん」と言われるか…(^^;)。

三人組を「コンビ」と呼んで根本さんにツッコまれるコニーも、おいしかったですわ。
翌日のゲストは中村誠治郎さん、千穐楽には元祖(笑)のはたけさんがいらっしゃるとか。
最後まで盛り上がりますように!
千穐楽くらいは立ち上がってみんなで踊るのアリなのかな?

web拍手 by FC2
posted by 管理人 at 01:00| 根本正勝さん

2018年03月01日

完全に二次元だった『ポーの一族』

20180228a.jpg
とても行きたくて、でもチケットが取れなくてあきらめていた宝塚の『ポーの一族』
さくやさんにお声をかけていただけて、なんと観劇することができました!
さくやさん、ありがとうございます!!揺れるハート

さて、最近は若手俳優さんたちによる2.5次元の舞台を見ることが多いですが、今回、元祖のすごさをあらためて確認させられたというか、舞台上はほぼ二次元でしたよ。
少女マンガが動いていましたよ!ぴかぴか(新しい)
制作発表のときのスチルにも息をのみましたが、とにかくトップの明日海りおさんエドガーっぷりが完璧でした!
娘役トップさんのシーラも、初々しい若き花嫁から妖艶なバンパネラの表情まで見事に演じ分けていて、素晴らしく美しい!!かわいい
そして、お二人とも歌声が最高!!
水準高いなオイ!
今回の役柄では恋人同士でないので、ガッツリ組んで歌ったり踊ったりする舞台も見たいなあと思いました。

アランも原作のまんまです。
女性が演じるとこんなに少年っぽさが出るんだなあ〜、と感心しました。
(長身トップさんや二番手さんだと難しいのでしょうが、今回のお二人はバッチリでした)
涼風さんとかならエドガーができたでしょうが、二番手が天海さんで三番手が久世さんじゃはまらないもんな〜(^_^;)
めぐり合わせは重要だと思います。

モーさまの原作にあるパブリックスクールの制服とか、ギムナジウムの制服とかも忠実に再現されていて、さすが『ポーの一族』オタク、小池先生! とうなりました。
ちゃんと生徒さんたちが似合うのが、またすごいわ。
台詞もかなり原作から取っていたんじゃないかな。
小池先生による壮大な二次創作、ファンアートを見ているような気がしましたよ(笑)。


以下はストーリーに触れますので、これから見る方は回れ右推奨です。

『ポーの一族』の原作はさまざまな時代を舞台にしていて、それぞれの時代の人々が触れ合ったエドガーたちについて語る…という形式がメインになっています。
そのため、読み手は時と共に老いていく人間の儚さと、時を渡るバンパネラたちの神秘性と孤独に魅せられるわけです。
今回の舞台では、冒頭に登場する語り手たちがこれらの出来事を時系列順に並べ替え、エドガーポーの一族の物語をわかりやすく伝えてくれます。
が、これがちょっと展開を単調にしちゃったかも?

原作を読んだのがかなり前なので、飽くまで印象になっちゃうのですが、エドガーは超然としたイメージが強いんですよね。
その彼が人間的な感情を出すのが、バンパネラになるくだりと、メリーベルを失い、アランを一族に招き入れるくだり。
今回の劇はこの2つのエピソードを中心に描いているので、エドガーがかなり人間っぽい!
明日海さんがせっかくあれだけ非現実的な美貌の持ち主なのに、なんかちょっともったいないなあと思っちゃいました。
ラストシーン近くでちらっと『小鳥の巣』エドガーが出てくるのですが、ここが謎めいていてきれいで「あ〜!! ここから先のほうが見たい!!」と、強く思っちゃったのは私の個人的な好みですたらーっ(汗)

さらに個人的な好みをいうなら、私の最推しキャラ、ユーシスの出番が少ないっ!!
出てくれたのはうれしかったのですが、あっという間に終わっちゃったよ〜!!あせあせ(飛び散る汗)
オズワルドのエピソードは手早く終わらせなければならなかったのでしょうが、か、哀しい〜!!
ここら辺がかなりバタバタと進んだので、何かもうちょっとうまいまとめ方はなかったかな〜? とも思いました。

とにかく美しく、きらびやかな舞台を、完全に観客として楽しむ趣向の作りだったので、もし再演や続演があるのなら、登場人物たちの感情に同化して泣いたり笑ったりできる感じも入れてほしいな〜。
『エリザベート』『グレート・ギャツビー』も、雲の上の話だけど泣けましたから。
小池先生、よろしくお願いします!!

それにしてもヅカはお財布にやさしい!
厚くて美しいオールカラーパンフがなんと1000円ぽっきりですよ!
20180228b.jpg
写真も素晴らしく麗しいので、絶対ゲットしましょう!!

web拍手 by FC2
posted by 管理人 at 13:00| 舞台・映画レビュー