2018年04月10日

花々が咲き競う季節に

今年の桜はあっという間に散ってしまいましたが、花の季節はまだまだこれからです。
外出先で、家のご近所で、美しく咲き競う花たちを見るのは本当に楽しいですね。

先日訪れた横浜公園のチューリップ。
20180409o.jpg
横浜DeNAベイスターズの本拠地、横浜スタジアムの横で見事に咲き揃っていました。
20180409p.jpg
公園内には69品種16万本のチューリップが植えられているのだそうで、そりゃ〜迫力があるはずです。
20180409q.jpg

「とってもきれいだけど、これは何という名前のチューリップなのかな?」という疑問に答えてくれるのが、名札付きで作られたこのコーナー(↓)。
20180409j.jpg
八重咲きのくちなしか芍薬のように華やかな白いチューリップは「ホワイトバレー」でした。
20180409l.jpg
ポピーのような色合いのチューリップは「オレンジキャシーニ」
20180409k.jpg
白地にピンク色がかわいらしいのは「ホーランドチック」。こういう咲き方を「ユリ咲き」と呼ぶのだそうです。
20180409m.jpg
深みのある朱色の「オレンジファンアイク」フランドル(現在のオランダ、ベルギー、フランスの一部にあたる地域)を代表する画家の名前が付けられているだけに、何かありがたみを感じてしまいます(笑)。

ここからは名前が不明ですが、見事だったお花をご紹介。
20180409n.jpg
これ、もはやチューリップには見えないほどの八重咲きです。サイズが違うけれどマリーゴールドっぽい?
20180409t.jpg
花びらに入ったストライプがゴージャスな真紅の花。なぜかIKKOさんの髪型を思い出してしまいました(^▽^;)。
20180409u.jpg
かわいらしいピンクのチューリップ。うっすら黄色が入っています。
20180409v.jpg
黄色と朱色が鮮やかです。この花の形だと、花弁が開ききってもきれいですね。
20180409s.jpg
最後は、たまたまロマンチックな感じに撮れた一枚を。
品種改良の成果だと思いますが、本当にいろいろな色と形を楽しむことができました。
毎年恒例のチューリップ祭りは、4月13〜15日に開催されるそうです。


さて、続いてはわが家のご近所のお花をご紹介。
いつもはゴールデンウイーク前に咲き始める石楠花が、早くも咲き出していました。
鷹通さん、あなたの好きなお花ですよ〜揺れるハート
20180409a.jpg
ツツジ科の花だけに、花の形がよく似ていますね。ブーケのようにまとまって咲くため、ぐっと華やかに見えます。
20180409b.jpg
私が一番好きなのは、この白にうっすらピンク色が混じった種類(↓)。清楚で、鷹通さんも喜びそうです。
20180409c.jpg

藤棚のはまだ開花したばかり。今週中には見ごろを迎えそうです。
20180409d.jpg

対照的に、そろそろシーズンが終わるのが椿
20180409e.jpg
多弁の乙女椿という品種だと思います。
20180409f.jpg
スピログラフで描いた図形のように端整で、神秘的です。

そして、今まさに花盛りを迎えているのがハナミズキ
20180409g.jpg
地元の「市の花」は百日紅(サルスベリ)ですが、市内にはハナミズキの街路樹も多くて、今の季節は散歩するのが楽しいです。
20180409h.jpg
いろいろな色がありますね〜。
20180409x.jpg

最後は、同じく盛りを迎えている八重桜
20180409i.jpg
濃いピンク色の花と、桜餅のような葉が、花鞠のようにまとまって咲いているのがとても愛らしいです。

こんなにさまざまな花を、一度に楽しめるなんてやっぱり最高の季節ですよね〜。
八重桜が散って、ツツジが満開を迎えると、その後にやってくるのはバラの季節です。
今年は神代植物公園のバラフェスタの時期も少し早まるかな?
ぜひまた足を運びたいと思っています!

web拍手 by FC2
posted by 管理人 at 13:00| 萌え園芸