2019年01月23日

ア・ブ・ナ・イ ネオロマンス 夜の部

はい、夜の部レポです。

あ、実は毎回、イベント前にお花の写真を撮って、現像して、アルバムに入れて中原さんにお届けするようにしているのですが、今回は開場から開演までの30分でこれを終えなければならなかった(パシフィコだと開場前にロビーに入れるのでもっとゆったりできます)ので、焦りまくりました〜!!あせあせ(飛び散る汗)
よって物販に行っている時間は皆無。
その間に鷹通さんの缶バッジは売り切れてしまったのでした〜もうやだ〜(悲しい顔)


さて、気を取り直してレポいきます。
メモは忘れたのですが、オープニングのキャラ紹介で忍人さん
「セクシー……というのは色気のことか。
俺にそんなものがあるかはわからないが、君が望むのなら力を尽くそう」

みたいなことをおっしゃっていました。
いや、あんまり真剣に捉えないほうがいいですよ、忍人さん(^^;)。

で、サラさんのアナウンスが中の人に「あなたのセクシーポイントは?」と尋ねるのですが、中原さんのお答えは昼の部は「衣装」、夜の部は「衣装とお尻」だったような。
はい、本当にかわいいです。まったく。


ライヴコーナー@
1.「Glamorous Venus」 オスカー(堀内賢雄)
2.「青葉時雨に佇んで」 藤原鷹通(中原 茂)

オスカーさま久々の『Glamorous Venus』でした。
今回は歌でもトークでもとにかく賢雄さんが楽しそうで楽しそうで、その姿を見ているだけでうれしかったです。
やっぱりアンジェはネオロマの原点だなあ〜。
「ファイヤー!」は盛り上がる揺れるハート

そして、待ってましたの中原さん鷹通さんソング。
前回のイベントで『透模様の素肌はラビリンス』を歌われたので、残るアブナイ歌ってどれだろう? と思っていたのですが、確かにアブナイです、『青葉時雨に佇んで』
神子殿を竹の中に隠したくなっちゃうんですものね。
ただ、1コーラス+リフレインなのでその部分の歌詞は歌われず、ちょっと残念。
でも、歌の表情が豊富で切なくて、とても心に届く歌唱でした〜!揺れるハート揺れるハート


占い師サラのア・ブ・ナ・イハート(トランプ)セクシー指南 そのB
エルンスト(森川智之)、梶原景時(井上和彦)、吉羅暁彦(内田夕夜)、百地尚光(檜山修之)
スポーツをした後の汗を拭う仕草がセクシーということで、百地の指導で運動することになった4人。
なぜかエルンストさんがやる気満々です。
いや、このメンバーだと明らかに君が一番心配なんですけど〜!!あせあせ(飛び散る汗)
案の定、息一つ乱さない師匠以外は、屍累々状態になりました(笑)。


バラエティコーナー
「セクシー黒ハートプレゼン大会」

今回のテーマは「アブナイ」話。プレゼンは力作ぞろいでした。

イトケンさん
「声優の勝杏里さんと2人で自転車で箱根の峠越えをしたんだけど、宿がなかなか取れなくて、やっと取れた宿はカップルだらけ。でもそんなこと気にせずに『いや〜、頑張りすぎてケツが痛い』などと言いながらパツンパツンのサイクルパンツで歩いていたらすごい目で見られた。で、宿の看板を見直してみたら『子宝の湯』! まだ気づかない勝さん『ケツが』という度に『うん、自転車乗ったからね、大変だったよね』とフォローしまくった」

和彦さん
「小腹がすいたときにコンビニでおせんべいとか買うと、レジに大福が置いてあったりするじゃない。で、つい買うと『辛いもの→甘いもの→辛いもの→甘いもの』の無限ラビリンスに入るんだよね。これはアブナイ! 皆さん、糖尿には気を付けましょう

森川さん
「これもアブロマなんですが、真にアブナイ『アブロマ』を提案させていただきます。まず、告知がものすごく地味でどこに載っているかわからない! 照明は健太郎くんが自転車で自家発電! 夕夜くんはイベント前に1カ月スイーツ断ちして、ブラック夕夜に! そして中原さんにはお題ナシのフリートークコーナー!!(ここで一番歓声が上がってました(^^;)) 和彦さんは今まで着たジャケット全部持ってきてもらってジャケットプレイコーナー、みっちゃんはジャンプをし続けるジャンプコーナー、賢雄さん「どれが本当かわからない」ほら話コーナー! そして、最後の挨拶は締めるはずの速水さん横に保志くん!!
うわああ、アブナイ!!!がく〜(落胆した顔)

中原さん「トークコーナーに保志くんも入れてほしいな」
賢雄さん「俺、このイベント出演できないわ。だって夕方に始まって27時くらいまでかかるでしょ?」
イトケンさん「あ、長くなったら俺が照明暗転させますから」
中原さん「暗転してもしゃべり続けるけどね
「「「「「「「「え〜っ?!」」」」」」」」
和彦さん「俺さあ、去年の12月にその2人と3人でイベントやったんだよね。本当に大変なの。終わらなくて…」
「「「「「「「「ああ…」」」」」」」」

岩田さん
「もっと危険なアブロマにするには、三大下ネタ声優が全員ネオロマキャストの中にいるんだから、俺(第3位)と関智一(第2位)と小野坂さん(第1位)のコーナーを作ればいいんです! この2人を前にしたら俺なんか下っ端です! ほかにも、紀章とか勝平とか石川さんとかいるし!」

その後も、成田さん用のジャンプ台を舞台に作るとか、いや、イベント本番中に舞台を横断して漢字の読み方を聞きに来た浪川くんこそリアルアブナイだ、とか、大賑わいの中、コーナーは終了しました。
優勝は……岩田さんだったような…?


占い師サラのア・ブ・ナ・イ黒ハートセクシー指南 そのC
オスカー(堀内賢雄)、ゼフェル(岩田光央)、藤原幸鷹(中原 茂)、土浦梁太郎(伊藤健太郎)
今度はお子様2人とオスカー幸鷹さんという組み合わせだったのですが、オスカー(22歳)の「お子様には無理」みたいな発言が自分にも向けられていることに気づいた幸鷹さん(23歳)。

「あなたと私の年齢はほとんど同じではないですか!」
「経験の差じゃないのか?」
「グッ…!!」

言葉に詰まってましたよ、別当殿(^^;)。

あと、サラさんの指南書を皆さま女声で読んでいらしたのですが、とんでもない奇声で読み上げた中原さんに、賢雄さんが一言。
「今度道で会っても、話し掛けないでくれるかな」
わかる!(笑)

肝心の一言のほうは、脚本がいまいちでメモっておりません。
今回は脚本、全体に冴えなかったなあ……ちっ(怒った顔)


ア・ブ・ナ・イ黒ハートメッセージ
@榊 大地(内田夕夜)
A百地尚光(檜山修之)
Bゼフェル(岩田光央)
C橘 友雅(井上和彦)

すみません、ただただ聞いておりまして、メモっていません。
でもやっぱり今回のイベントは脚本が……たらーっ(汗)


ライヴコーナーA
3.「TOMORROW」 土浦梁太郎(伊藤健太郎)
4.「異次元飛行 〜α to ω〜」 エルンスト(森川智之)
5.「爛漫の嵐を抱け」 藤原幸鷹(中原 茂)&翡翠(井上和彦)

イトケンさんモリモリまでは予想どおりだったのですが、最後に素晴らしいプレゼントがありました!
『爛漫』デュエットですよ〜!!
1コーラス+リフレインでしたが、1コーラス目は中原さんのパートが多めなのでいつも和彦さんに申し訳なくて。
ぜひフルコーラスで歌っていただきたい曲です、はい。
あ、モリモリ『異次元飛行 〜α to ω〜』は、初めて覚えたエルンストソングだったので、懐かしくてうれしかったです!


エンディング
前のキャストさんの台詞を受けて
忍人さん
「何を言っている。
君の気持ちはわかるが、落ち着け。
いや、むしろ俺が一番動揺しているのかもしれない。
君がほかの男のものになる…。
君の幸せのためだとわかってはいるが、いざ目の当たりにすると気持ちを抑えられなくなる。
この想いは許されないのだろうか」

許す、許す!!
しかし、前のキャストさんが何を言ったのかまったく思い出せません。
すみません。


アンコール
キャストの皆様は、口々に森川さん提案の「真のアブロマ開催」を訴えていらっしゃいましたが、終電逃しそうだなあ、特にフリートークコーナー(笑)。
おなじみの中原さんのコールアンドレスポンスもクリアして、サラさんの声に送られながら会場を後にしたのでした。
全体的にはとても楽しいイベントでした。
キャスト・スタッフの皆様、お疲れ様でした!


なお、私からのリクエストは2つ!

@もっと脚本に力を入れてください〜! せっかくのイベントコンセプトと豪華声優陣がもったいないです〜!!
A鷹通さんの缶バッジ、売り切れるの早すぎです!! 増産して通販してください〜!!!


公式様、よろしくお願いいたします〜!!

web拍手 by FC2
posted by 管理人 at 22:03| ネオロマイベント