2019年04月25日

『ヒトラーvs.ピカソ 奪われた名画のゆくえ』見てきました

20190420a.jpg
『ヒトラーvs.ピカソ 奪われた名画のゆくえ』
見てまいりました〜!
雑誌の映画評でチェックはしていたのですが、字幕を大学の同級生の吉川美奈子さんが担当されたと知って、即、映画館に向かいました。

今回の字幕は別の方が担当かな〜と思ったのは、映画の案内役がイタリア人俳優だったため。
監督さんもイタリア人で、映画の中で最も多く耳にするのはイタリア語です。
ただ、当然ながらドイツ語もたくさん登場しますし、さらに英語、フランス語とどんどん言語が変わるので、字幕を読もうと思っていてもつい耳も動いてしまう!(イコール理解できる、ではないですが)
ということで、見終わったときは疲労困憊しておりました(^_^;)。

ドキュメンタリー映画なのですが、おおよその内容は公式HPによると以下のとおり。
ナチス・ドイツがヨーロッパ各地で略奪した芸術品の総数は約60万点にのぼり、戦後70年以上経った今でも10万点が行方不明と言われる。
なぜ、ナチス・ドイツは、いやヒトラーは、美術品略奪に執着したのか?
彼らは、ピカソゴッホゴーギャンシャガールクレーらの傑作に「退廃芸術」の烙印を押しそれらを貶め、一方で、純粋なアーリア人による写実的で古典主義的な作品を擁護。
同時に、故郷リンツに“総統美術館”設立の野望を抱き、右腕的存在のゲーリング国家元帥と張り合うかのうように、ユダヤ人富裕層や、かのルーブル美術館からも問答無用で憧れの名品や価値ある美術品の略奪を繰り返した。
権力は芸術をも支配できると妄信するナチスが行った歴史上最悪の美術品強奪と破壊、そしてヒトラーの秘宝たちが辿った知られざる真実とは――?


いまだ10万点が行方不明というのにも驚きますが、私がもっと驚いたのは、映画の中に登場するユダヤ人家族が、長い長い裁判を経てほんの数年前にようやくかつて所有していた絵画を取り戻した、という事実でした。
そう、ナチスに略奪された美術品は、まだ所有者の元に戻っていないのです。
上述の「退廃芸術」「晒しものにする」目的でドイツ各地で展示された後、戦費を調達するために売り払われています。
略奪の末の売買であっても所有権が移った以上、「返してください」「はい」という訳にはいきません。
美術館所蔵となっている作品の場合、個人の所有に戻すことが果たしていいのか、という問題もあります。
70年前の暴挙は、いまだ禍根を残しているのです。

一方、個性の発露である芸術作品の優劣を、時の権力者が決める怖さも強く感じました。
ヒトラーの描いた絵を見たことがありますが、下手ではない、でも個性の薄い具象画で、こういう画風の人が印象派やキュビズム作品を理解できず、憎むのもまあ理解できます。
芸術の愛好家を名乗っていたゲーリングが好んだ絵画も、彼のフェチが反映されていてちょっとイヤ…(絵画に罪はなく、セレクトが気持ち悪い)。
こういった好みはもちろん誰にでもありますが、彼らの最大の罪は、好みに合わない作品の存在を許さなかったことです。

なお、タイトルになっているピカソは、実はほとんど登場しません。
けれど、とても強烈な印象を残します。
見終わった後、「なるほど、だからタイトルにしたのか」と、思わずつぶやいてしまいました。
現代に通じる問題も提起されている異色のドキュメンタリーなので、興味がある方はぜひ映画館に足をお運びください。
美奈子さん、お疲れ様でした!!

web拍手 by FC2
posted by 管理人 at 23:58| 舞台・映画レビュー

2019年04月21日

新宿御苑の夜桜ライトアップ

今年初めて行われた、新宿御苑の夜桜ライトアップ。
先週の平日5日間だけの催しだったのですが、あんまり素敵だったので2晩連続で行ってしまいました。
20190417a.jpg
まだ知られていないのか、人は少なめ。
20190417o.jpg
ライトアップも千鳥ヶ淵や野川と違って、最低限に絞られているのでちょっと不思議な雰囲気がありました。
20190417c.jpg
↓こちらが最も桜が密集しているエリア。
20190417d.jpg
「さんざめく」という言葉を思い出してしまいました。
20190417g.jpg
LED照明のため、時間の経過と共に色が変わっていきます。
それが、御苑の外の都会的な雰囲気とよくマッチしているような。
20190417e.jpg

ソメイヨシノは葉桜となり、このライトアップの主役は八重桜です。
さまざまな種類があって、どれもとても美しかったです。
20190417b.jpg

20190417h.jpg

20190417i.jpg

20190417k.jpg

御苑内の広場では、アトラクションも行われていました。
新宿二丁目に隣接しているということで、こんなゲストも登場!
20190417m.jpg
ドラァグクイーンの皆様です。
左の人がお人形さんみたいにきれいでびっくりしました〜!!
20190417n.jpg
めっちゃ長身で、ヒールを入れると2メートル超えているそうです(笑)。
「私たちが呼ばれるなんて、ダイバーシティを感じるわよね〜」という言葉に大きくうなずきました。
本当だよ。すごいよ。

ステージ上では、ドイツの大道芸コンテストで2年連続優勝したというしょぎょーむじょーブラザーズが素晴らしいパフォーマンスを披露してくれました。
20190417q.jpg

20190417r.jpg

20190417s.jpg
生身の人間が仕掛けゼロで見せる神業の数々に、手に汗握った〜!!


今年はのんびりゆっくりと楽しめましたが、来年にはもっとメジャーになって人が押しかけちゃうのかなあ?
こんな幽玄を感じさせる風景も、今年限りかもしれません。
20190417f.jpg

20190417l.jpg
貴重なものを見られてよかった!!

web拍手 by FC2
posted by 管理人 at 23:37| 萌え園芸

2019年04月18日

『ラフ∞絵』展を見てきました

高校時代の友人たちに誘われて、ちょっと異色なこの展覧会を見てきました。
20190416a.png
「ラフ∞絵(ラフむげんえ)」

主催者いわく
かつてタツノコプロで出会った4人、「こちら葛飾区亀有公園前派出所」作者の秋本治「FINAL FANTASY」シリーズの天野喜孝「機動戦士ガンダム」のメカニックデザインを手がけた大河原邦男「魔法の天使 クリィミーマミ」のキャラクターデザインを担当した高田明美の展覧会です。
とのことです。

天野さん大河原さんタツノコのイメージが強かったですが、秋本さん(アニメーター出身なのは知っていました)と高田さんもそうだったのか〜!

テーマが「ラフ」ということで、完成したイラストよりもその前のラフスケッチが数多く展示されていました。
天野さんのイラストは、「ファイナルファンタジー」「陰陽師」で見た程度ですが、あらためてクリムトグスタフ・モローの影響が強い方なのだな〜と。
ラフにはほとんど描かれていない細かい模様や事物は、仕上げをしながら描き足していくようです。
金色がふんだんに使われていて、これは印刷屋さん泣かせですね。
色の再現がすごく難しそうでした。

大河原さん『タイムボカン』風のかわいいメカと『ガンダム』系かっこいいメカに分かれていて、女性人気は前者、男性人気は後者に集中していました(笑)。
AI搭載の動くハロもいてかわいかったです。

秋本さんはあれだけの長期連載(1976年から2016年まで一度も休載なし!)をされていたので展示するものに困ることはないはずですが、やはりあえてラフを多めに。
編集者に見せるネームがすでに相当面白くて、思わず1話分じっくり読んじゃいました(笑)。
神田明神に奉納した『こち亀』絵巻(レプリカ?)も展示されていました。

高田さんの展示は、『魔法の天使クリィミーマミ』『機動警察パトレイバー』が中心。
キャラクターデザインのお仕事なので、納品も鉛筆で描いたものが多いようですが、完成作品を仕上げるまでに何度も何度もラフをトレースして線をクリーンアップしているのに驚きました(制作風景が動画で見られました)。
そして本当に本当に線が美しい!!
少女漫画描きの端くれとしては、ただただうっとりしておりました…。

さて、当然ながら撮影等はいっさい禁止の展覧会場の中で、実は1カ所だけ撮影OKな場所があったのです!
「チェンジ・アンド・チャレンジ」というコーナーで、なんと4人がそれぞれ、お互いの代表作品を描くという、「ああ、漫研時代にも似たような遊びをしたな〜」な企画!
では、ご紹介しますよ〜!!(ほとんどの絵が、クリックすると大きくなります)

まずは大河原さんがメカデザインをした『装甲騎兵ボトムズ』を、秋本さんが描きます。
20190416b.png
ボトムズ麻雀
そ、そう来たか〜!!あせあせ(飛び散る汗)

お返しに大河原さん『こち亀』を描きます。
20190416c.png
ガンダム風からタイムボカン風まで、いろんな両さん
天野さん『こち亀』を描くと(↓)、
20190416d.png
両さん、一気にあっちの世界に行っちゃった感じになりますね(^^;)。
高田さんによる美しすぎる麗子ちゃんも眼福でした。
20190416e.png

さ〜て、次は天野さん『吸血鬼ハンターD』(↓)が獲物になります。
20190416h.png
まずは秋本さん
20190416f.png
モノクロの世界が結構それっぽい!
続いて高田さん
20190416g.png
『ときめきトゥナイト』
大河原さん『ファイナルファンタジー』のほうをモチーフにしています。
20190416j.png
ちなみに天野オリジナル版はこちら(↓)。
20190416i.png

今度は、天野さん大河原さんの代表作を描きます。
20190416k.png
ゴヤ「巨人」かな?

続いてタツノコの代表作、『科学忍者隊ガッチャマン』の競作。
まずは秋本さん
20190416l.png
ジュンがすごい巨乳になってますな…(^^;)。
高田さんはご自身が大好きという大鷲のケン
20190416m.png
美しい!!!!ぴかぴか(新しい)
アップも載せておきます。
20190416n.png
この1枚が私の最もお気に入りとなりました(笑)。

最後に皆様がチャレンジされたのが、高田さん『魔法の天使クリィミーマミ』
こちらも秋本さんから。
20190416o.png
背景に相当力が入っていますね〜。もう1枚。
20190416p.png
『こち亀』『マミ』の合作になっています。
天野さんはこっち系の少女漫画はちょっと苦手かな?
20190416q.png
最後に大河原さん
20190416r.png
ブレません!!(笑)

以上、なかなか楽しい展示会でした。
パソコンで絵を描く人がほとんどになってきたこの時代に、すべてアナログ!
描き手の息吹が聞こえてくるような肉筆画ばっかり!
とても贅沢な経験だったかもしれません。

web拍手 by FC2
posted by 管理人 at 22:00| 萌えイベント

2019年04月15日

『名探偵コナン 紺青の拳』(ネタバレなし)見てきました

20190415a.jpg
公開後ものすごい勢いで興収を伸ばしている映画版『名探偵コナン』の最新作、『紺青の拳』
テレビアニメをときどき覗くくらいで、映画版は前作の『ゼロの執行人』が初めて、という門外漢の私が足を運んだ理由は、フォロワーさまに熱心なファンの方が多く、お会いした時にネタバレ話もしたいだろうな〜と思ったからでした(笑)。
なので、今回売りとなっているキッド京極さんも初対面〜!
まあ、前回も安室さん初対面だったので条件は同じです。

それより個人的に注目していたのは、ゲスト声優の山崎育三郎さん
前回、上戸彩さんが意外なほどにうまかったので、さて? と思って見たら、やっぱすごいわ、育三郎〜!!揺れるハート
アメリカに1年留学経験アリだそうですが、英語の台詞も相当がんばっていたし、何より日本語の台詞、うまい!
ミュージカルはストレートプレイよりも声を作るシーンが多いと思いますが、それにしてもうまかったです。
『昭和元禄落語心中』の演技に続き、惚れ直したよ〜!揺れるハート揺れるハート揺れるハート
もう一人のゲストの方は、英語うまかったです。うん、以上。

エンドロールに流れるネイティブの声優さんの中に知っている名前を発見して笑ったりしていましたが、よ〜く考えるとこれシンガポールが舞台よね?
なのにバリバリのシングリッシュがまったく登場しないのがちょっと残念。
私の初めての海外旅行はシンガポール航空でだったのですが、乗務員さんのシングリッシュが聞き取れなくて相当焦りましたからね〜(^^;)。

さて、ストーリーについては何を言ってもネタバレになりそうなので割愛して、個人的には前作のほうが好きでした。
何より謎の部分がもっと込み入っていて、頭を使わされたから。
「これ、1回見ただけでわかるの?」
「子供さん、この内容理解できるの?」

と不安になったくらいなので、何回も通う方がいるのも納得でした。
今回はストーリーがもっとシンプルで、したがってお子様にも理解しやすい(英語の台詞の多さと字幕にはつまずくかも?)し、1回見ただけで満足。
なので、スタートダッシュはすごいけれど、リピーターがどのくらいいるかな?

一番の感想は、真っ白なシルクハットにタキシード、マントのキッドさん、それがユニフォームとは言え、目立つし、動きにくそうだし、大変だなあ〜。
着替え相当な数持っているんだろうなあ〜、というものでした。
ファンの方、すみません!あせあせ(飛び散る汗)

以下、コメントお礼です(夏未さん)。

web拍手 by FC2
続きを読む
posted by 管理人 at 13:00| 舞台・映画レビュー

2019年04月08日

『スパイダーマン:スパイダーバース』見ました!(ネタバレなし)

20190408a.jpg
『スパイダーマン:スパイダーバース』

心の癒しを求めて、『ダンボ』『バンブルビー』とこの作品のどれを見るか迷ったのですが、都合のいい時間にやっていて、しかも4DX! だった本作に決めました。

あらすじは以下のとおり↓
ニューヨーク、ブルックリン。
マイルス・モラレスは、頭脳明晰で名門私立校に通う中学生。
彼はスパイダーマンだ。
しかし、その力を未だ上手くコントロール出来ずにいた。
そんなある日、何者かにより時空が歪められる大事故が起こる。
その天地を揺るがす激しい衝撃により、歪められた時空から集められたのは――。


ネタバレを避けるため途中で切っちゃってますが(^_^;)、うん、知らないで見たほうが面白いです。
なので、観賞前に公式サイトに行くのもやめましょう!

さて、先に4DXのお話を。
『シン・ゴジラ』観賞時に初体験したこのシステム、座席が揺れる、風やミストが吹きかかる、バブルが舞う、背中をボコボコ叩かれる……となかなか臨場感に溢れているのですが、『スパイダーマン:スパイダーバース』を4DXで見る方は、相当な覚悟が必要です!
とにかくアクションシーンが多いので、座席の動き方が過激!
振り落とされないようにしがみつく感じでした。
風もボンボン吹くし、背中も叩かれ続けるし、それが後半1時間以上断続的に起きるのでいやあ疲れる疲れる。
やっぱりアトラクションの時間って、「あ、もっと乗っていたかったな」くらいで終わるのがいいんですね〜。
「すぐにもう一度見たい!」とはしゃいでいる少年もいましたので、感じ方は人それぞれのようですが(^_^;)。

画面は非常に面白いです。
最近はCGが発達して、実写とほとんど変わらないようなアニメーションが多くなっていますが、本作はそれを逆手にとって、あえて二次元的表現をたくさん盛り込んでいます。
三次元の中にガンガン入り込む二次元のミスマッチが楽しく、意欲的、実験的だなあと思います。
エンドロールの表現なんて、ほとんどウォーホールリキテンスタインか、という感じ。
とてもアメリカなMOMAっぽいアレンジでした。

ストーリー自体は、多分今どきよくある流れなのでしょうが、家族愛やまっとうな倫理観、耳が傷まない台詞選びなど、当初の目的だった「心の癒し」はきっちり得られました。
そのかわり、あまりに揺さぶられ過ぎて「身体の癒し」が必要になっちゃいましたが(^^;)。
全年齢、全方向に配慮が行き届いたディズニー作品に飽き足りない方は、ちょっとノーティで過激なアニメ体験を味わいに、本作にチャレンジしてみてもいいのではないでしょうか。
「異なる絵柄が同一画面に存在する」不思議は、なかなか楽しいですよ!
画面の動きがべらぼうに(『ギボムス』で覚えた副詞)速いので、字幕なしでOKの方以外には豪華声優陣による吹き替え版推奨です!!

web拍手 by FC2
posted by 管理人 at 22:00| 舞台・映画レビュー

2019年04月06日

野川の桜、夜と昼

調布市で年に1日だけ行われる野川の夜桜ライトアップに行ってまいりました!
平日限定で、告知も数日前に行われるだけなのに、年々来場者が増えておりますね〜。
まあ、私もこの数年行き始めたので同類ですが(^_^;)。
20190404a.jpg
川面に映り込む桜が美しいです。
野川の夜桜ライトアップが特殊なのは、「映画の街」と自称する調布市らしく、映画撮影に使われる照明器具が使われているから。
20190404e.jpg
暗闇にふわあっと浮かび上がるような桜には、妖気さえ感じます。
まあ、人が多すぎて全然そういうムードにはなりませんがたらーっ(汗)
20190404d.jpg
精緻なガラス細工のような眺めです。
20190404c.jpg
映画用の照明器具は雨がかかると火を噴いて壊れてしまうそうで、「絶対雨が降らない平日」を直前まで見定めて、実施日が発表されます。
20190404b.jpg
一緒に見た京王線メイトの皆様と、「来年も一緒に見ようね!」と約束しました。

ところでこちらの桜並木、この時期、昼間に見に来たことがなかったので週末に足を運んでみました。
20190404g.jpg
お〜、昼は昼で、のどかでいいですね〜。
20190404h.jpg
夜桜と同じコースを歩いてみました。
人がすごく少ない(笑)。
20190404i.jpg
実は夜桜の時点では、まだ七、八分咲きだったのですが、今日の暖かさで満開になったようです。
20190404j.jpg
野川沿いには本当にたくさんの桜が植えられています。
もう数日はこの風景を楽しめると思うので、ぜひ足をお運びください。
そんなに混んでいないので、穴場かも、です。

「そうは言っても行けないよ〜」という方には、花見気分の味わえる動画を撮ってみたのでご覧ください。
ちょっと花曇りですが、雰囲気は出てるかな?

周りの音を拾っているので多少うるさいですが、お試しあれ。

以下、コメントお礼です(夏未さん)。

web拍手 by FC2
続きを読む
posted by 管理人 at 22:32| 日記

2019年04月02日

『ブラック・クランズマン』見ました(ネタバレなし)

『グリーンブック』を見たからには、これも見ておくべきだろう、と思って行ってきました。
20190402a.jpg
『ブラック・クランズマン』
アカデミー賞会場で、『グリーンブック』の作品賞受賞に盛大にすねて見せたスパイク・リー監督の映画です。
こちらはアカデミー賞脚色賞を受賞しています。

公式HP掲載のストーリーは以下のとおり。
1970年代半ば、アメリカ・コロラド州コロラドスプリングスの警察署でロン・ストールワースは初の黒人刑事として採用される。署内の白人刑事から冷遇されるも捜査に燃えるロンは、情報部に配属されると、新聞広告に掲載されていた過激な白人至上主義団体KKK<クー・クラックス・クラン>のメンバー募集に電話をかけた。自ら黒人でありながら電話で徹底的に黒人差別発言を繰り返し、入会の面接まで進んでしまう。騒然とする署内の一同が思うことはひとつ。
KKKに黒人がどうやって会うんだ?
そこで同僚の白人刑事フリップ・ジマーマンに白羽の矢が立つ。電話はロン、KKKとの直接対面はフリップが担当し、二人で一人の人物を演じることに。任務は過激派団体KKKの内部調査と行動を見張ること。果たして、型破りな刑事コンビは大胆不敵な潜入捜査を成し遂げることができるのか―!?


この潜入捜査はなかなかにスリリングで、もちろん楽しめたことは楽しめたのですが、う〜ん……
作品賞は『ボヘミアン・ラプソディー』でよかったんじゃない?

要はですね、戊辰戦争を会津側から見るか、薩長側から見るか、という違いなわけです。
『グリーンブック』は白人側から見た「こんなひどい時代があったんだね。黒人差別はよくないよね」という「過去」を描いた映画。
『ブラック・クランズマン』は黒人側から見た、「われわれはこんなにひどい目に遭ったんだ! もちろん今でも!」という「現在への流れ」を描いた映画。
前者はかなりぬるく、後者は訴えたいことが強烈すぎてフィクションの枠を破って半分ドキュメンタリーになってしまっている感じです。
だから、映画という「物語」を楽しむなら、世界がきちんと閉じている『ボヘミアン・ラプソディー』のほうがずっと秀逸だよな〜と。
あれも実話を元にしていますが、『グリーンブック』『ブラック・クランズマン』を見た後のような「後味の悪さ」はありませんでしたから。

では、『ブラック・クランズマン』は見るに値しない映画なのか? と、問われると、『グリーンブック』に食い足りなさを感じた方ならぜひ見てみていただきたいと思います。
ただし、見た後の感想は「やっぱりこっちが真実だよな〜、この映画が作品賞取ればよかったのに」ではなく、「あの国は今もこんなに断絶しているのか」という嘆きというか、哀しみと驚きではないかと。
それほどに差別する側とされる側は違う風景を見ています。
この2本の映画は、その現実を図らずも露呈させてしまいました。

加えて、この手の映画にはかなり乱暴な言葉が登場するので、見終わった後、全身に傷を負ったような気がしますね。
つ、つらい……。
言葉に敏感な方は、心に耳栓をして見てください。

今度は『ダンボ』でも見ようかな…たらーっ(汗)

web拍手 by FC2
posted by 管理人 at 13:00| 舞台・映画レビュー