2019年10月21日

戊辰戦争終結150周年函館旅行その5

はい、やっと最終日です。
いつまで9月初めのレポを書いているんだ、と自分に言いたい(^^;)。
まあ、それだけ充実していたのですが。

3日目も聖地五稜郭タワーのアトリウムにて朝ごはん。
こちらには北海道名物のこんな素敵なものや
20190902b.jpg
こんな素敵なものが売っていまして、
20190902a.jpg
宅配もやっていたので、ちょうど法事で岐阜に集まっている家族と親戚宛てにメロンを送りました(行けなかったお詫びも兼ねて)。
とってもおいしかったそうです!

本日最初の訪問地は、昨日までせっせと通った函館ドック方面と真逆。
函館空港に近い湯の川のこちらでした。
20190902d.jpg
湯倉神社
20190902e.jpg
湯の川温泉は、函館観光の宿泊地として最もメジャーなエリアなのですが、私はほぼ初めて来たような……(^^;)
住んでいると意外に来ませんよね。
温泉に行くなら恵山辺りまで足を延ばすし。
今回こちらに来た理由も温泉ではありません。
このモニュメント目当てです!
20190902f.jpg
なぜここに土方さんのモニュメントがあるのかと言うと、鷲ノ木から蝦夷地に上陸した旧幕府軍が、川汲峠の戦いを経て、五稜郭に向かう前に宿陣した場所だから。
湯倉神社の北東側には、旧幕府軍の野戦病院もあったそうです。
境内に寄り添うように、この碑が建っていました。
20190902c.jpg
湯川温泉発祥之地碑
榎本さんが傷病兵たちを療養させ、自らも入浴したという記録があるそうです。
土方さんは入らなかったのかな〜?(会津東山温泉では泳いで遊んでた人だから、入ったかも?)

ちなみにこちらの神社にはいろいろとユニークなものがありまして、中でも私がウケたのがこちら(↓)。
20190902g.jpg
イカすおみくじ
20190902ac.jpg
広島の護国神社鯉みくじとか、鳥取の白兎神社兎みくじとかは知っていますが、イカのおみくじ〜!!
ちょっとわかりにくいですが、備え付けの釣り竿でこのようにして(↓)釣り上げます(笑)。
20190902h.jpg
おみくじの中身がベッタベタの函館弁だったのにもウケました。
読み上げたらくーさん「さっぱりわからない」と言われましたから(笑)。
おススメです。


再び市電に乗って函館駅へ。
湯の川は市電の終点なので、無人の車内を撮影することができました。
20190902i.jpg
長崎広島でも乗りましたが、やっぱりいいですよね、市電。

函館駅からほど近い場所で、ランチのために入ったのがこちらのお店です。
20190902j.jpg
滋養軒さん。
函館名物の塩ラーメンで有名なお店です。
長い行列に並び、ようやく入って注文したのがこちら(↓)。
20190902l.jpg
と、餃子。
20190902k.jpg
さっぱりしていておいしかったです!
コスパもすごくいいし!
北海道だから味噌ラーメンを食べる気満々で来たのですが、函館は塩ラーメンの町だったんですね〜。
住んでいるときは外食しなかったので知りませんでした〜。
家族旅行で行った登別で食べた味噌ラーメンがすごくおいしかったことしか覚えていません〜(笑)。

さらに駅の向こう側にある函館朝市に足を延ばしました。
20190902m.jpg
ここも、親が本州からのお客さんを連れて行ったことは知っているのですが、自分で行ったことはありませんでした。
小中学生の行動範囲なんてそんなものです(^_^;)。
20190902p.jpg
立ち並ぶお店は、海鮮以外に野菜や果物、お菓子や雑貨まで扱っています。
20190902n.jpg
店内はいかにも「市場」!
にぎやかで活気に満ちていました。
20190902o.jpg
イカ釣りができるコーナーもあって、お子さんたちが群がっていました。
天井と壁の突き当りに巨大なイカが飾られていましたよ(クリックすると大きくなるのでわかりやすいかも)。
20190902q.jpg
ホタテやカニもたくさん!
これ、売れ残ったらどうなるんだろうと、ちょっと心配になりました…。
お店の横のベンチには、特等席でくつろぐにゃんこたちもいました。
20190902r.jpg
君たち居心地よさそうだねえ。
ラーメンと餃子を食べた後でお腹がいっぱいだったのですが、珍しいトウモロコシがあったのでくーさんと半分ずつ食べてみました。
20190902s.jpg
これ、生で食べられるんです!
獲れたての時に限られるのですが、ピュアホワイトという品種だそうで、甘くてジューシーで果物のようでした。
びっくりしました〜。

函館駅にはイカのポストやら
20190902t.jpg
旧函館駅の所在地を示す碑などがありました。
20190902u.jpg
ここが函館本線の起点なので、0キロの表示もあります。


さて、戊辰戦争の足跡めぐりを再開します。
函館港に作られた人工島「緑の島」にあるのがこちらのモニュメント(奥の小さいやつです。手前は港をイメージしたオブジェ)。
20190902v.jpg
旧幕府海軍の終焉 箱館港の海戦と名付けられていました。
土方さんが亡くなった5月11日、ここ函館港でも激しい海戦が行われたのです。
モニュメントに写真が載せられている荒井郁之助さんは、旧幕府軍の軍艦回天の艦長として陣頭指揮を執り、回天炎上の後は五稜郭に敗走したそうです。
20190902w.jpg
この美しい港で戦火を交えた時代があったんですね……。


次に訪ねたのは、昨日行った称名寺新選組が屯所を置いたお寺)の移転前の場所。
20190902x.jpg
ここには土方さんの死後、函館の商家の人々によって建てられた供養碑があったそうです。
戦況がひっ迫して、旧幕府軍が軍資金を商家から徴収しようとした時、土方さんが猛反対して中止させたことに恩を感じた、とのことですが、京都ではあれだけ押し借りしていたのにね〜。
大人になったんだな……。
20190902y.jpg
跡地には現在、ホテルが建っています。
自動販売機が看板代わりになっていてすごい!

現在の称名寺も、称名寺跡も、函館港を見下ろす位置にあります。
20190902z.jpg
さらに丘を上った場所にあるのが、高龍寺
20190902aa.jpg
とても立派なお寺です。
こちらの境内にあるのが、傷心惨目の碑
20190902ab.jpg
5月11日に、野戦病院分院に充てられていた高龍寺(当時はもっと坂の下にありました)に新政府軍が攻め入り、傷病兵を殺戮して寺に放火、多くの会津藩士が犠牲になったため、約10年後に会津の有志によって建てられたそうです。
傷心惨目は、唐の文人李華「古戦場を弔う文」からの言葉。
5月11日にはいったいどれだけの悲劇があったのか。

さらに坂を上ると、当時、函館一の名園と言われていた咬菜園(こさいえん)の跡に行き着きます。
20190902ad.jpg
咬菜とは粗食のことで、五稜郭を設計した武田斐三郎さんが名付けたそうです。
新政府軍の軍艦が旧幕府軍追討のため品川を出発したとの報が入り、榎本さんが幹部6人と共にここで最後の宴を開いたと言われています。
20190902ao.jpg
モニュメントに載っているのは、親子3人で壮絶な戦死を遂げた中島三郎助さん
俳人としても有名で、この時に辞世の句「ほととぎす われも血を吐く思い哉」「われもまた 死士と呼ばれん白牡丹」などの句を詠んだそうです。

さらにさらに険しい坂を上って(雪が降ったらこの辺の方たちはどうしているのだろう?たらーっ(汗))、
20190902af.jpg
この旅最後の戊辰戦争関連スポットに到着しました。
20190902ae.jpg
己巳役海軍戦死碑
名前を見たときにそうかな〜とは思ったのですが、こちらは新政府軍の慰霊碑でした。
73名の戦没者の名が刻まれています。
勝者側なので、青柳町にある護国神社と併せて立派な設えでした。

今回参加した「戊辰戦争終結150周年記念モバイルスタンプラリー」の函館市内のスポットには、あと2カ所、「東照宮」「四稜郭」があったのですが、少し離れているので断念。
合計15カ所のうち、13カ所を回って終了となりました。


ここからにわかに一般的な函館観光をしようと足掻き始めました(笑)。
もう夕方近かったのですが、「旧公会堂の洋風建築!!」と行ってみたら
思いっきり工事中ふらふら
20190902ah.jpg
公会堂からの景色(↓)は素晴らしかったですが…。
20190902ag.jpg
すぐそばに函館のシンボルの一つ、函館ハリストス正教会があったので気を取り直してそちらに向かいました。
20190902ai.jpg
白亜の教会!
横から見ると結構大きな建物に見えますが、正面からはこんな感じ(↓)。
20190902aj.jpg
内部の復活聖堂には、新約聖書の場面を描いた見事な祭壇画があります(撮影は禁止)。
イコンの手法で描かれていますが、作者はロシアに留学した女流画家の山下りんさんだそうです。
東方教会独特の聖人も含まれていて興味深かったです。

この一帯にはほかにも、さまざまなキリスト教会が集まっています。
20190902ak.jpg
(↑)聖ヨハネ教会立教大学などの運営母体である英国聖公会の教会です。
20190902al.jpg
(↑)カトリック元町教会。名前のとおりローマカトリックの教会です。
現在の建物は1923年、関東大震災のあった年に建てられたそう。
20190902am.jpg
(↑)日本キリスト教団 函館教会。こちらはプロテスタントの教会です。
私も函館ではプロテスタントの教会にしばらく通っていたのですが、こんなに立派なところじゃなかったな〜。

ということで、締めに(?)おいしいソフトクリームを食べて函館観光終了です!
20190902an.jpg
いや〜、歩いた歩いた、そして食べた(笑)。
とてもとても充実した3日間でした。
プランをしてくださったくーさん、本当にありがとうございます!!揺れるハート

ずっとアップするのを忘れていた函館の美しいマンホールの写真を最後に置いておきます。
20190831bf.jpg

20190831av.jpg
持って帰りたくなるくらい素敵でした。
さらば函館、また会いましょう!!

以下、コメントお礼です(夏未さん)。

web拍手 by FC2
続きを読む
posted by 管理人 at 00:40| 萌え旅行