2018年02月12日

キタムラさん、お帰りなさい!

20180211.jpg
キタムラトシヒロさんの演出復帰作、『Cherry』『Oh! Tsukimi』を見てきました!

2作は連作になっていて、『Cherry』がお花見の時期、『Oh! Tsukimi』がその半年後のお月見の時期が舞台。
同じメンバーが中目黒の個人経営スーパーの屋根裏部屋に集まって、女子だけの飲み会をするというお話なのですが、キャストは1人を除いて全員別の役者さんです。
2作で同じ役を演じている鈴木一加さんも、もともとは『Cherry』だけに出るはずだったのですが、『Oh! Tsukimi』で同じ役を演じる役者さんが体調不良で降板したため、急遽2作に出演されたそうです。
キタムラさんが労ったら「『下天』よりマシ」と言われたのだそうで(笑)。
そう、鈴木一加さん『下天の華』ほたるちゃん役(当時の芸名は美咲アヤカさん)だったんですよね。
20180211b.jpg
その節はお疲れ様でした〜。

さて、その女子会ですが、相当なスラップスティックでした!
男性もストーリーには登場するのですが、『ジーナと五つの青いつぼ』並みに見事に舞台に出てこない!(笑)
いつもの女子会のメンバーの中に、突然現れた謎の女子や、近所の交番の婦警さんも巻き込んで、キャストが出たり入ったりのドタバタ騒ぎ。
キタムラさんならではのハイテンポな台詞のやりとりが心地よかったです。
最初に『遙か』で見たときは、「速すぎる!」と驚いたものですが…。
屋根裏部屋に加えて、舞台上からは見えない窓の外や屋上、階下のお店で進行するストーリーもとてもわかりやすく、見やすく演出されていてさすがでした。

個人的には『Cherry』五反田七重役の橘花凛さんが不思議な役柄にすごくマッチしていたな〜と思います。
好みでいくと、レイ小枝『Cherry』美月彩子『Oh! Tsukimi』かな?
ウーサンはすごく好きでした(笑)。

女子だけの劇というのは、声のトーンがどうしても高く、キンキンしてしまうので、ときどき「う〜ん、高い〜ふらふらとなるところがありましたが、これは私が慣れていないだけかも?
皆様、相当はっちゃけた役柄を生き生きと演じていて素晴らしかったです。
あ、アフタートークはやっぱり男性ファン向けになっちゃうので、多少いたたまれなかったかな…たらーっ(汗)
女子主体の客席にいる男性客の気分がちょっとわかりました。

さて、キタムラさん、次はどんな舞台を手がけてくださるのでしょう?
ワクワクしながら楽しみに待ちたいと思います!

web拍手 by FC2
posted by 管理人 at 23:30| 舞台・映画レビュー