2019年06月07日

オジサマ専科2019 early summer『ダンディズム宣言』

なんと2週連続のダンディズムです!
そして、まさかこのテーマでは登場するまい(←失礼)と思っていた染野教授(cv. 中原茂さん)がご出演されることになりました!
ダンディだったのか、染野教授!(←すごく失礼)

舞台はカフェテラス「moonlight」。
元歴史教員の脚本家、柏崎 東(cv. 森田順平さん)がカウンターの中で困惑しています。
このカフェのマスターに、今日一日店番を頼まれたのです。
「素直に休みにすればいいものを、どうして私が……? 客が来てしまったらどうするんだ!」
手伝ってくれる彼女に励まされつつ、「どうか客が来ませんように!」と祈っていると、ドアが開きます。
そう、こんな間の悪いときに一番に来そうな客、染野教授が来店したのです。

中原さんロマダン2と同じ上下金色のスーツにピンクのシューズです。
台本をドア代わりに、おそるおそる店内を覗きます。
「あの〜、入ってよろしいですか?」
「ああっ?!」
「す、すみませんっ!!」あせあせ(飛び散る汗)
「入ればいいだろう。カフェなんだから」
「は、はい、そうですよね。……こちらに座ってもよろしいでしょうか?」
ビクビクしながらも、ここで彼女と待ち合わせをしているので入らないわけにはいかない染野教授
なるべく手間をかけたくない柏崎先生にビールやワインを勧められますが、「さすがに昼間からそれは…たらーっ(汗)とお断りします。
「まったく。どうせあなた、鬱屈した人生を送ってきたんだろう?」←ヒドイ
「そ、そういうあなたは何なんですか」
「私は元教師だよ」
「あ、数学の」
「歴史だ!!」
「ええ? すごく数学っぽいのに」
森田順平さんは、『3年B組金八先生』で数学の先生役でした)

コーヒーのオーダーに渋い顔をした柏崎先生
「いや、これからも注文されるだろうから、実験台にはいいかもしれないな」
こ、紅茶でっ!!!あせあせ(飛び散る汗)
森田さんが作業しながら『贈る言葉』を鼻歌で歌うと、中原さんがそれに合わせてタクトを振るマイムをしてました(笑)。

結局、コーヒーをいれてくれたのは柏崎先生の彼女。
(コーヒーを飲んで)「あ〜、娘さんはコーヒーをいれるのがうまいですね〜」
「娘?!」
「え?! む、息子さん?!!?」
「どこをどう見れば彼女が息子なんだ!!むかっ(怒り)

親子じゃなくて彼女だ!パンチという説明の後、突然主張を始める柏崎先生
「私は教師だったが、昔から許せないのが教え子との恋愛でね」
「え?! そ、そうなんですか??たらーっ(汗)
教え子に恋愛感情を抱くなんて言語道断だ!!
「ひえ〜っがく〜(落胆した顔)
「ああ、ところであなた、仕事は何? 彼女と待ち合わせなんだろう?」
「し、し、仕事は……ですね、ええと、その、落語家です!
なぜ落語家〜っ?!?

「見かけたことがないな」と言いつつ、サインしてもらうための色紙を買いに出る柏崎先生
「大変な人に捕まってしまった…」と汗を拭いていると、彼女がやってきます。
(ここで台本のページがめくれなくて「ちょっとめくれない…」と言ってる中原さんがかわいかった!)
旅行会社で企画の仕事をやっている彼女のために、自分も海外からの観光客向けの企画を考えてみた、という染野教授
「よかったら、これから寄席に落語を見に行かない? 
日本の演芸の素晴らしさを外国の人に知ってもらうのもいいと思うんだ」

ここから「落語家」という発想が出てきたようです。

せっかくのデートに仕事のことを持ち込むのは……とためらう彼女を、
「君と一緒にいられれば、この世界はパラダイスなんだ!
だから僕のことは気にしないで。
そう、革製品に付いてくるカビだと思ってくれればいい。
そして、僕に教えてほしいんだ。
君の感じたことをできるだけ細かく。
僕のような男の良さを見つけてくれた君だもの、きっと見つけられるよ」

と、説き伏せます。
ちなみにカビの専門家の染野教授ですから、自分をカビに例えるのは卑下ではないはず…?

実はカフェのマスターに落語家だと言ってしまって……と、ここまでの顛末を説明。
気弱な態度を反省した後、彼女に問いかけます。
「君はこんな男でよかったのかい?
ちっとも男らしくないし……。
そう?
……君だけが僕のことをわかってくれる。
そして、世界でたった一人の理解者のためなら、僕は何を投げ出してもいいと思っているんだ。
君はいつも僕を驚かせるよ。
ありがとう」


全体にコメディタッチのキャラですが、この時の声はとってもとっても素敵でした。
染野教授は時々こういう武器を出してくるんですよね〜。
たまらん揺れるハート
マスターが帰ってくる前に、と二人で店を出たところで出番は終了。
オジサマ専科はそれぞれの出演者の方のお芝居がきっちり聞けるのがうれしいです。
この後、矢尾さん大塚明夫さん真殿さん郷田さんが次々と登場。
最後に再び森田さんが締めて、イベント終了となりました。

ごあいさつでは、中原さん「前回はぼっちだったので、今回は森田さんと絡めて楽しかったです。森田さんとは今回が初めて(の共演)だったんですが、もちろん『金八先生』は見ていました!」と、うれしそうにおっしゃっていました。
「金のスーツにピンクの靴でちょっと演歌歌手な気分です」というコメントには、大塚明夫さん「(そういう人)浅草にいるよね」とツッコミ。
出演者に先輩が多いので、ちょっとおとなしめな中原さんでした(笑)。


今回も、「茂命」会からお花を出しました。
『オジサマ専科』の会場は...and flowerさんの配達圏外なので、小ぶりなアレンジ花になってしまうのですが、とても素敵に仕上げてくださいました!(クリックすると大きくなります)
20190605a.jpg
今回は、染野教授にちなんで科学実験器具のフレームにダンディ(?)な教授のイラストをアレンジ。
20190605c.jpg
↑フラスコは☆船長さんのご担当。
20190605d.jpg
↑ビーカーは也さん、シャーレは私が担当させていただきました。
20190605b.jpg
↑アレンジの中心となるバラは「アムネシア」という品種。
セピアがかったとても美しい色合いです。
20190605e.jpg
ほかにも、カリステモン、バーゼリア、ユーカリトランペット、ピオニー、バンクシャ、アリウム、ガーベラ、豆の花、グリーントリュフ(青く染色)を使ってくださったそうです。
「きれいなのにカビを感じさせる」と言っている方がいて、ウケました。
...and flowerさん、ありがとうございました!!
20190605f.jpg
そして、今回ご協賛いただいた、☆船長さん苑さん夏未さん也さん紅秋さんもあな・あへさん友さん、本当にありがとうございました!!
二週連続のイベントにご協賛いただいて、感謝感謝です!!

さあ、次は9月よ〜!!(多分)
茂命会は、いつでも協賛者を絶賛募集中で〜す!!)

web拍手 by FC2
posted by 管理人 at 12:50| 中原 茂さん