2010年12月11日

志田未来の演技力にびっくり

今クールのドラマが次々と終わっていって、ちょっと寂しいです。
終わってみればかなり自分好みのドラマ(→演技力が伯仲するような内容)が多くて、見ごたえがあったなあ。

今回すごく盛り上がって見たのは『秘密』
最終回の志田未来ちゃんの演技が圧巻でした!

このドラマ、交通事故で亡くなってしまった母親(直子)の魂が、一緒に事故に遭った娘(藻奈美)の身体に入ってしまって、夫(平介)は娘の姿をした妻と暮らすことになる……といった設定。

原作のファンだったので、広末涼子ちゃん主演で映画になったときは、彼女の演技力が信用できなくて見に行かなかったというくらい思い入れがあります(実際はどうだったんだろう? ごめんね、広末ちゃん)。

今回は志田未来&佐々木蔵之助という私的には最高のキャスティングで、はりきって見始めたんですが。
うまい! すごい! つらい……!
そうなんですよ、演技がうますぎるとあらゆる感覚がリアルに伝わってくるので、見る側が追いつめられるんですよ!
昔、『永遠の仔』というドラマもそれで脱落したことが……orz(キャスティング最高だったんですが)。

なので、実は全話は見ていません。
でも、深夜の放送だったので、金曜日に家にいると自然と始まり、演技がうまいので引き込まれて一話を見終わる……ということが多かったです。
最終回も、そんな風に見始めて、
圧倒された。
未来ちゃんの演技力に。


以下、いまさらですがネタばれになります。

最終回は、突然、娘の藻奈美の意識が現れるところから始まります。
ごく短時間で、すぐに妻の直子の意識が戻るのですが、それから徐々に、藻奈美が出てくる機会が増えてきます。
夫の平介は家に帰るたび、「直子?」「藻奈美か?」と確認しながら暮らすことになるのですが、これがね、彼女が一言もしゃべらないうちから、どっちかがわかるんですよ、演技で。
それからの歳月はパッパッとカットをつなげて表わされるんですが、ここの演じ分けも完璧!
なんなのこの末恐ろしい演技力は!!あせあせ(飛び散る汗)

最後の結婚式のシーン。
最も難しい表情も最高の出来でした。
蔵之助さんの演技も素晴らしかったし、いや〜、いいものを見た揺れるハート
再放送したら、今度はちゃんと全話見よう!


『SPEC』もすごいことになっているし、視聴率的にはかなり低いようですが、『モリのアサガオ』も全話見てます。
全部タイプは違うんですけどね〜。
やっぱりお芝居はおもしろい!と、しみじみ思いました。

以下、拍手お礼です(朱夏さん、くーさん)。

web拍手 by FC2
朱夏さん

アドバイスありがとうございます!
カレードリアもパスタグラタンもおいしそう!
早速試してみますね〜。
もう、カレーがあると家中が匂いに包まれちゃって、四六時中カレーのことしか考えられなくなりますね(笑)。
お料理上手の朱夏さんに感謝!



くーさん

いやいや、鍋にどかんと作っておくと、毎食何が食べるか考えなくていいので楽でしょ?
なのでこのところ、シチュー→おでん→カレーとわかりやすい献立が続いております。
わかりやすすぎ(笑)。
京都では繊細なお料理が食べたいです!
posted by 管理人 at 00:00| テレビ番組レビュー