2019年03月12日

Ashのラストライブepilogueに行ってきました

REtEGkQd_400x400.jpg
根本正勝さん中村誠治郎さんのユニット、Ashが結成されてから11年弱。
中村さんの事務所退所に伴い(多分)、ついに解散が決まりました。
ラストライブは3月9日。
夜の部の、本当にラストの公演に行ってきました。

彼らのライブは基本的にオールスタンディング。
寄る年波と、ここ数年の体調不良で足が遠のいていたのですが、最後となればやはりひと目でも見たい。
入場前から立ちっぱなしで、さすがにこたえましたが何とか最後まで見届けることができました。

知らない曲の多さに、「ああ、ずいぶん来ていなかったんだな…」と寂しく思ったりもしましたが、その分知っている曲ではこみ上げるものがありました。
大好きな『Life』『With You』『Real』『WBL』……そして最後は、やっぱりこれが来ました。
『始まりの場所』

去年のミュージカル主演でかなり鍛えられたのか、ねもっちゃんの高音がきちんと高さを保って伸びるようになっていました。
低音から高音まで全部の音が響いて、歌唱力がすごく上がっていた!
最後にこれを聞かせるか、あなたは!
マークやグッズをデザインしたり、作曲したり、ギターを弾いたり、Ashの活動では誠治郎くんの労働量が圧倒的に多いと思っていましたが、ここにきて対等な関係になった気がします。
そのくらい歌がよくなっていました。

もともと音楽活動が大好きな誠治郎くんに対し、ねもっちゃんにとってこのユニットでの活動はどのくらい意味があるんだろう?
舞台の合間の時間が埋まってしまって、役者としての修行の妨げにならないんだろうか?
そんな風に悩んだ時期もありました。
でも、すべてをきちんと栄養にして、階段を上ってきたんだな。

昼の部では、誠治郎くんが何度か感極まって歌に詰まる場面があったそうですが、夜の部ではそんなこともなく、お互いに憎まれ口を叩きながらもジャレあういつものAsh
明るく、笑顔を絶やさないねもっちゃん
でもそれは、最後のライブをきちんとやりきるためだったようです。
アンコールで『Real』を歌う前に、デビュー時にお世話になったギタリストさん二人が飛び入りしてきたら一気に堰が崩壊していました。
うわ〜、こんなに泣くねもっちゃん、すごい久しぶりだ。
「泣くと歌えなくなるんだよ!」
悲鳴のように吐き出した言葉が、今日の笑顔の理由を伝えていました。

面白いもので、ここから俄然声が出だしたのが誠治郎くん
時に崩れるねもっちゃんを支えるように、最後の数曲を歌い切ってくれました。
やっぱりいいコンビだよ、本当に。

終演後、「時間がもらえたので」と二人で舞台に戻ってきたAsh
誠治郎くん「今回のことは、俺からねもっちゃんに伝えました。ねもっちゃんは……背中を押してくれました」
根本くん「ここに立って歌っていられたのは、バンドのメンバー、スタッフさん、ファンの皆さんのおかげです。皆さんがここに来るのがどれだけ大変か、わかっているから。そして……あえて最後に残しましたが
誠治郎……楽しかったな。Ashでの活動は、青春だったよ


こっちも涙腺崩壊です。
ねもっちゃん「いつかいろいろな人が動いてあれをこうしてくれればまた一緒にできる日も来ると思う」と言うと、誠治郎くん「俺はいつでもいいから!」と即答。
そうか……。

それぞれの舞台でのお仕事は充実しているし、きっと今後も共演の機会はあるでしょう。
でも、二人がこうやって声を合わせて楽しそうに嬉しそうに歌う姿は「しばらく」見られない。
その事実を胸に刻みつつ、会場を後にしました。
あ、カメラがたくさん入っていたので、ラストライブはしっかり映像化されると思います。


舞台『遙か3』の続編で、ねもっちゃん泰衡さん誠治郎くんを演じて、KOEIさんの力でデュエットソング出すとか、ダメかなあ…。

web拍手 by FC2
posted by 管理人 at 00:00| 根本正勝さん

2019年03月10日

VOICARION『Mr. Prisoner』見てきました

20190310a.jpg
このところ「私の好みと文翁さんの作品が離れてきちゃったかな〜」と思っていたのですが、今回は旧作の再演と言うこともあってか、バッチリでした!

藤沢文翁さん脚本・演出による朗読劇『Mr. Prisoner』は、出演者が山寺宏一さん上川隆也さん林原めぐみさんの3人。
上川さんチャールズ・ディケンズクライヴ・ヘイスティングス卿の2役、林原さんがヒロインレスの少女時代と大人になってからを演じ分けたのに対し、山寺さん合計9役を演じ分けました!
いやあもう、さすがとしか言いようがありませんな〜(^_^;)。

でも、それがすごくプラスになっていたと思います。
最近の文翁さんは、豪華声優陣を多数キャスティングするため、各役に見せ場を作ろうとして話がとっちらかり気味(飽くまで私見です)。
たとえばジェイコブズの店主役を別の声優さんに振っていたら、今回のようなうまい使い方はできなかったでしょう。

ストーリーは、公式HPによると

19世紀 英国
ロンドン塔(Tower of London)地下3階には
光を通さない分厚い鉄扉の独居房があった
そこには一人の囚人が幽閉されていて
囚人の周囲には、不思議な指示が出されていたという…
“牢屋番は耳の不自由なものにせよ”
囚人番号252号…
彼は「絶対に声を聞いてはならない囚人」と呼ばれていた…


ゴシックロマンのような導入ですが、内容は実に正統派な人間ドラマでした。
人と人の想い、結びつき、思いやり、そのすべてが胸を打って、気づくと号泣していました。
しかも幕切れが本当にうまい。
そうだよ、こういうものを私は求めていたんだよ〜、文翁さん!!

ただ、初期の作品と言うことで、文翁さん名物前半のモタモタ感はすごかったです。
ごめんなさい、ちょっと寝たわ。
周りのお客さんも同じようなこと言ってたし(^_^;)。
ここをもう少しうまく整理して、休憩を2分の1のところじゃなくて3分の1のところに入れちゃうくらいの英断をしてもいいと思うんですけどね〜。

山寺さんの演技はもちろん100点満点。
すごい。もうそれしか言えない。すごい。
青年から老人から謎なキャラまで自由自在!
上川さんも、びっくりするぐらいうまく演じ分けていらっしゃいました。
どちらも喜怒哀楽があるキャラなのに、ちゃんとそれぞれの喜怒哀楽が示されていて素晴らしかったです。
あと、竹下景子さんほど「役者」「声優」の距離を感じさせなかったかな?
林原さんは、大人の演技はちょっとフラットな綾波風でしたが、子どもの演技がすごかった〜!!
かわいいし、意地らしいし、賢いし、これが理由の起用なのかな?
感動しました〜!
舞台の都合上、オケの編成は比較的小規模で、台詞が音楽にかき消されることもなく楽しめました。
セットもほどほどでよろしい。うん。

さて、坂本竜馬をテーマにした新作の上演も決まりましたが、う〜ん、悩みどころだなあ。
当たりの文翁さんか、ハズレ(個人的に)の文翁さんか…。
あ、再演される『女王がいた客室』は、文句なく名作なのでオススメしますよ〜!

web拍手 by FC2
posted by 管理人 at 14:10| 舞台・映画レビュー

2019年03月08日

スタジオライフ『なのはな』見ました

20190308a.jpg
原発事故後の福島を舞台にした、萩尾望都さんの短編漫画『なのはな』
それを劇団スタジオライフが舞台化したというので、見てきました。

スタジオライフさんの実力は『はみだしっ子』でよくわかっているのですが、今回はなんと、一緒にお仕事させていただいたミュージシャンの方が客演するというので、応援がてら足を運んだのです。
普段はCMソングを中心に、さまざまな曲を作っている明石隼汰さん
萩尾さんとイメージアルバムか何かでお仕事した……という話は聞いていたのですが、何と今回演じる役は、萩尾さんが彼をモデルに描いたキャラだそうです!
おいおい、いつの間にそんなに仲良しに…?!

実は、明石さんは福島出身。
震災後は故郷について、ご家族について、断片的にではありますがいろいろとお話を聞いていました。
『なのはな』の中で、彼は東京で活躍するミュージシャンで、お祭りで歌うために福島に戻ってきたという設定になっています。
その歌が、胸を締め付けるんです。
一部だけご紹介すると

言い訳なんてしなくていい
土下座なんてしなくていい
全部元に戻してほしい

水を元に戻してほしい
牛を元に戻してほしい
畑のキャベツを戻して
村の小道を戻して
子どもの声
明日の空
みんなみんな戻してくれ

事故は起こらないと言ってたじゃないか
あんたら嘘をついてたんだ


冒頭は漫画の中に登場する歌詞ですが、その後は明石さんの叫びかな……
ALARA Songという名前でアマゾンやdミュージックで配信されているので、ご興味ある方はぜひ。

『なのはな』はわずか24ページの短編なので、かなりお話を足すんだろうな、と思っていたのですが、見終わってみると見事に原作どおりの世界が展開されていました。
『はみだしっ子』でも思いましたが、脚本・演出の倉田淳さんは本当に素晴らしい舞台化をされますね。
萩尾さんがご自身の作品を預ける理由がわかります。

主役のナホを演じたのは松本慎也さん(スタジオライフはキャストが全員男性の劇団です)。
『はみだしっ子』エイダを見事に演じられた方です!
今回も、自分の気持ちをもてあましているナイーブな少女を巧みに演じていらっしゃいました。
そのお母さんの仲原裕之さんにも泣かされた!!

舞台を見ながら込み上げてくるのは、何の罪もない人たちが政府に嘘をつかれ、ある日突然故郷と生活を奪われる理不尽さへの怒り。
沖縄でも同じことが起きているし、本当にこの国はどうなっているの?
いったい誰を守ろうとして、こんなに多くの人たちを泣かせているの? と。

決して声高にそういうことを訴える劇ではありませんが、果てしない悲しみと、喪失感と、そして「こんなことが許されていいわけがない」という強い思いが胸に残りました。
劇場中にあふれるすすり泣きの声が忘れられません。

終演後、この日は明石さんのミニライブが行われました。
本当は32年前に出るはずだったアルバムが、今回の出演を機についに発売されたそうで、そこから数曲を披露。
さらに、明石さん作曲のCMメドレーも披露され、「これ、明石さんの作曲だったのか!」と驚かされました(ALSOKの曲とか、デリケアMsとか、アデランスとか…)。

ロビーで、萩尾先生のイラストが描かれたジャケットのアルバムにサインを入れてもらって、
20190308b.jpg
明石さんが大好きなQUEENの話をちょっとしてから(お部屋の時計の時報が『We Will Rock You』の拍手部分なんですよ〜)劇場を後にしました。
この後、大阪でも公演があるそうなので、関西地区の方、明石さんをよろしくお願いします〜!

あ、でも一番驚いたのは、客席に萩尾さんがいらしたことでした!
初めてご本人を拝見しました。
明石さん、お話ししたのかな〜。
うらやましいよ〜〜!

web拍手 by FC2
posted by 管理人 at 19:01| 舞台・映画レビュー

2019年03月06日

広島東洋カープ仕様三省堂国語辞典ゲット〜!!

今後もツイート増えそうなので、「広島カープ」というカテゴリを作ってしまいました(^_^;)。
はい、本日は待ちに待ったこちらの発売!
20190306c.jpg
三省堂国語辞典の広島東洋カープ仕様です!!
絶対発売日に三省堂書店本店に行って買うんだ〜! と決めていたので、同僚のカープファンと一緒に突撃してきました!
20190306e.jpg
1階にしっかりコーナーが作られている!
さらに、エスカレーターの両側にもポスターが!

6階の辞書売り場には
20190306a.jpg
ジャーン!!
20190306b.jpg
天井にもズラリとポスターが貼られていて狂喜乱舞!
20190306d.jpg
最初に出版されたのは阪神タイガース仕様で、そのときからずっとうらやましく思っていたんですよね。
広島カープ仕様も出ると聞いて、指折り数えて発売を待っておりました。

さて、家に持ち帰ってじっくり見ましたよ〜。
20190306f.jpg
エンボス加工されたCarpの文字がまぶしい!!ぴかぴか(新しい)
20190306i.jpg
背表紙の部分にもしっかりと「C」のマークが刻まれております。
うれしい〜っ!!揺れるハート
20190306g.jpg
表紙側を開くと見返しにはマツダスタジアムの写真が!
箱の後ろ側には球団旗と応援歌が印刷されていてこれもまたうれしいです。
20190306h.jpg
裏表紙側の見返しには球団旗とロゴが入っております。

肝心の中味は、↓こんなオリジナル用例がところどころに入っているのですが
20190306j.png
本に応募用紙が挟まれておりまして、それによると「オリジナル用例には11人のカープレジェンドが登場します。3人以上見つけて、クイズに応募しましょう!」とのこと。
実は帰りの電車の中で、同僚と一緒に4人ほど見つけちゃったので応募はできるのですが、結構手ごわいんですよ、このクイズ。
名前で引いても、野球用語で引いても、地名で引いても出てこない!
最愛の山本浩二さんはバッチリ見つけられたのですが、まだレジェンドが7人も残っているので、頑張って探したいと思います。

ファンには本当〜〜〜にたまらない1冊!
三省堂さん、ありがとうございました!!!

以下、コメントお礼です(友さん、夏未さん)。

web拍手 by FC2
続きを読む
posted by 管理人 at 23:50| 広島カープ

2019年03月04日

『翔んで埼玉』を埼玉の首都で見ました

IMG_5394.jpg
『翔んで埼玉』2回目の観賞は、☆船長さん(群馬県出身)と友さん(神奈川県出身)と一緒に、首都に乗り込んできました!
そう、埼玉の首都、池袋!!

結論として、最高でした!!ぴかぴか(新しい)
やっぱり地元(?)で見ると盛り上がりが違うわ〜!
池袋が登場すると、「うを〜」という歓声が起きるし、劇場も満員だし、お客さんの反応もいいし!
何より初見ではサラリと見られた加藤諒くんの台詞に涙してしまった自分にびっくりでした。
きっと劇場の大半の人が「そうだ、そうだ」と同調していたことが大きいと思います。
やっぱり相当な県民含有率だったんだろうな。
こうなったら次はいよいよ埼玉県内で観賞か……。

友さんは、お隣にいる☆船長さんを気遣ってか群馬がネタになるたびに咳き込んでいましたが(笑)、神奈川パートはノープロブレムだったそうです。
☆船長さんは、「うん、群馬はだいたいあんな感じだから」
あんな感じなんですか?!がく〜(落胆した顔)
群馬パートの方言は正しかったと言っていました。

映画館からすぐに直行したのは、カフェでコラボメニューが食べられるという池袋PARCOです。
お店が視野に入った途端に、変な声出しちゃいました。
20190303a.png
あ、ありがとう!!
この旗は実際に映画の撮影に使ったものだそうで、もう一枚飾ってありました。
20190303b.png
☆船長さん「いいな〜、私もこういう旗作って参加したかったな」
「そうだよね〜。やっぱり私は本籍地『小江戸 川越』かな〜。いもせんべいって書き添えて」
「暑いぞ、熊谷」「五家宝」でもいいかもしれませんな…

メニューはこんな感じ(↓)です。
20190303c.png
「そこらへんの草」にちなんでるって…(笑)。
ヘルシーで素敵です。
店内には映画のスチル(↓)
20190303f.png
ダブル主演のお二人の写真(↓)
20190303d.png
ともに沖縄出身なんだよな〜
20190303e.png
さらに、予告編が大きいスクリーンで流されていました。

私が頼んだのは「“そこらへんの草”を添えたローストビーフ丼」
20190303g.png
☆船長さん友さん「“そこらへんの草”を添えたバジルチキンプレート」
20190303h.png
飲み物は、私が右の「埼玉スムージー“そこらへんの草”味」、お二人が「千葉スムージー“ピーナツキャラメル”味」でした。
20190303i.png
オーダー通すのに、お店の方が「埼玉ワンに千葉ツー」と言うのが微妙に恥ずかしかったな…(^^;)
ちなみに埼玉スムージー、爽やかでおいしかったです!

初めて見たのはレイトショーだったので、見終わったら売店が閉まっていてパンフレットを買えなかったのですが、今回無事ゲットしました。
熟読したらすごく面白い!
キャストのコメントでは、京本さん「自分が何しゃべっているのかよくわからなかった」に爆笑。
そうですよね〜、どうもすみません。
監督さんが千葉出身なので、埼玉対千葉という構図になったのだそうです。
伊勢谷さんのコメントも、かなり困惑しつつほめていて相当面白いです。
パンフ、おススメ!!
残念なのは通行手形とか、草加せんべい型ポーチとかがすでに売り切れなこと。
再販してくれないかな〜。

帰りに友さんと寄ったデパ地下で、つい崎陽軒さんのシウマイ弁当買っちゃったのには、微妙に敗北感を感じました。
さ、埼玉のもの買うべきだった……何も思い浮かばないけど…。

以下、コメントお礼です(WALLYさん、夏未さん、K女史)。

web拍手 by FC2
続きを読む
posted by 管理人 at 20:00| 舞台・映画レビュー

2019年02月26日

週末一泊食べ過ぎ旅行に行ってきました(その2)

つづきです!
さて、くーさんご紹介のフレンチレストランを目指して、お城と線路の間の道を歩くこと約10分。
いまいち頼りにならないGoogleの経路案内に翻弄されつつ、到着しました!
20190224r.jpg
ラ マティエール エフ
こ、こ、ここが何年に1度くらいしか当たらないほど大当たりのレストランでした!!
すごくおいしい!!
食べたことのないタイプのおいしさが、これでもかこれでもかと波状攻撃してくるので、とっても幸せでした〜!!
アミューズは豚肉のリエットを自家製パウンドケーキにのせて。
20190224s.jpg
このパウンドケーキがカリカリしていて、リエットと組み合わせた食感が絶妙なんです!
一皿目でいきなりガツンと殴られた感じでした。
食器もおもしろいし。

2皿目はカブにバターソースをかけた一品。
20190224t.jpg
絶妙っ!!!
葉つきのカブをローストしていて、焦げた葉っぱがおいしい!
ソースとも素晴らしくマッチしていて、こんなお料理食べたことないよ〜!

K女史はここで、コースにアラカルトで組み入れたオマール海老のババロアにバフンウニテンコ盛りの一皿を堪能されました。
20190227a.png
海産物苦手気味の私はパスして、ちょっとだけ味見させていただきました。
うん、これもうまい!!

続く3皿目は牡蠣のお料理。
20190224u.jpg
私は実は牡蠣も苦手なのですが、これは苦手な味がまったくしないでおいしくいただけました。
何でなの? 魔法なの??

4皿目のスープはユニークな組み合わせ。
20190224v.jpg
さつまいものスープの真ん中に浮かんでいるのはコーヒー味のクリーム。
まるでスイーツのような味わいでした。

お魚料理はタラだったと思います。
20190224w.jpg
菜の花がのせられていて、スープも軽やか。
春を感じさせるやさしく爽やかな味でした。

メインのお肉はエゾジカ!
20190224x.jpg
これが本当においしい!!
ソースは内臓から作ったそうですが、臭みゼロ、獣っぽさに弱い私にもまったく問題なく食べられました。
というか、おいしいんですよ!
鹿、こんなにおいしかったのか!!

デザートは、自家製アイスとパウンドケーキ。
20190224y.jpg
深みのある味わいの冷たいアイスと、熱々の焼きたてパウンドケーキの組み合わせが絶妙でした!
(絶妙3回目??)
ひゃ〜、マジにおいしい!!

そして、食後の飲み物と共に出されたプチガトーもおいしかったです!
20190224z.jpg
自家製のギモーブやキャラメルがたまらん〜!
ディスプレイのセンスもいいですよね!!

ということで、最初から最後まで感動しながら食べてしまいました。
こんなにおいしいお店が小田原にあったのか!
これは「そばに来たら立ち寄る」レベルじゃなくて、「このために小田原に行く」レベルです。
食いしん坊の皆様、行くのだ!
後悔は絶対にさせない!!

あ、小規模なお店なので必予約です。


うらうらとした日差しの中、ものすごい満腹状態で歩いていた私たち。
ここらで切り上げてロマンスカーで帰るか〜などと甘いことを言っていたら、ロマンスカー、2時間先まで空席なし!
そりゃそうだ、うん。

実は、この旅行をプランする際、地理に疎い私たちは
「せっかく小田原まで行くんだから、河津まで足を延ばしませんか? 桜の時期だし」
K女史「河津って近いの?」
「え〜と、本厚木から90分
K女史「全然近くない」
「しかも県も違う(静岡県)」
などという会話をしていたのですが(ちなみに本厚木もこんなに遠いと思わなかった。成城学園のちょっと先くらいに思っていた←)、小田原に向かう途中、停まった新松田の駅で人がゾロゾロ降りるのにびっくり。
調べてみたらなんと河津桜の桜まつり開催中だったのです!

ロマンスカーに振られたことだし、じゃあ新松田の桜を見に行きますか〜、と、小田急線の急行に乗りました。

着いたのは3時くらいだったので、開場は5時までだし、そろそろ人が帰り始めるころかな? と甘いことを言っていたら、まだまだすごい人出。
シャトルバス乗り場まで行って並ぶ気力がわかないので、停まっていたタクシーに即乗っちゃいました。
「渋滞していると2000円くらいかかるよ」と運転手さんに言われつつ、意外とスイスイ上れて(バスとタクシーは優先して通してくれる仕組みになっています)1000円ほどで到着!
いきなりこれです。
20190225a.jpg
う、美しい!!
20190225b.jpg
菜の花もきれいに咲いていて、どこを見ても花、花、花!
20190225c.jpg
急な斜面に作られた遊歩道を下りながら、美しい景色を堪能しました。
20190225e.jpg
ベストショットはこちら!(↓)
20190225d.jpg
いや〜、日本の春って美しい!!
静岡まで行かなくても、河津桜をたっぷりと堪能できてうれしかったです!

わずか1泊の週末旅行でしたが、思った以上に盛りだくさん、思った以上に驚きと発見に満ちた旅となりました。
お付き合いいただき、宿やレストランの情報をご提供いただいたK女史くーさん、本当にありがとうございました!揺れるハート
目いっぱい慰労された〜!!

さ〜て、確実にベルト穴1個太くなったから、今週は粗食にしなければ!ふらふら

web拍手 by FC2
posted by 管理人 at 21:00| 日記

2019年02月25日

週末一泊食べ過ぎ旅行に行ってきました(その1)

おととしの11月にスタートしたプロジェクトがようやく終わりを迎えたので、「慰労して、慰労して」K女史くーさんにおねだりして週末温泉旅行に行ってきました。
と言っても、入院やら通院やらで有休を使い果たしているので、めっちゃ近場。
K女史が一度利用したことがあると言う、厚木の七沢温泉が目的地です。

本厚木駅で集合し、まずはくーさんが見つけて予約してくださったイタリアンのトラットリアへ。
20190224a.jpg
シチリア料理店フィーコディンディア
ちょっと変わった店名は、シチリアにニョキニョキ生えているサボテンの名前だそうです。
そういえば、実を買って食べたなあ。
NHK大河ドラマ『いだてん』のロゴのモチーフになっている、シチリアのシンボル、トリナクリアがエントランスに飾られていました。

ランチメニューの一皿目は前菜の盛り合わせ。
20190224b.jpg
すでに豪華!
右のイタリア豆のサラダがおいしかったです。
パスタは「ふきのとうとサルシッチャのスパゲティ」を選びました。
20190224c.jpg
ふきのとうの苦みが春を感じさせてくれました。
コースの中なのでハーフサイズですが、イタリア人は当然フルサイズで食べるんだよな〜。

メインは3種から選べたので、3人でバラバラに頼んでシェアしました。
カジキマグロのパン粉包み
20190224d.jpg
カツレツ
20190224e.jpg
イタリア野菜と清流鶏の煮込み
20190224f.jpg
特に清流鶏、おいしかったです!

デザートは、シチリアっぽさの権化カンノーリ(手前)と、初めて見たセッテベッリの2種類をオーダー。
20190224g.jpg
チョコレートコーティングの中が多層になっていたので、「七つの美しいもの」という意味なのかな?
K女史がカッサータを注文したので、「本場のみたいに激甘じゃないですか?」と確認したら、「日本人好みになっています」とのこと。
味見させていただいたら、ちゃんと食べられました!(シチリアで出されたときは拷問級に甘かった)。

まさか厚木にこんなきちんとしたイタリアンがあるとは!(←いろいろ失礼)
人気店なので予約必須ですが、お近くに来たときはぜひ!!


さて、満腹でバスに乗り、いよいよ旅館に向かいました。
七沢温泉は前にも訪れたことがあるのですが、今回のお宿はもうちょっと奥。
こぢんまりした風情のあるたたずまいでした。
20190224h.jpg
元湯玉川館
古くは『のらくろ』田河水泡さん山本周五郎さんなどがここで作品を書かれたそうです。
ロビーには、田河さんの絵が飾られていました。
20190224i.jpg
流行りの露天風呂はありませんが、肌にやさしいお湯がうれしくて何度も通っちゃいました。
宿の規模が小さいので、お風呂にすぐ行き着けるのがいいです。
食事は、鄙には稀なと言ったら怒られそうですが、すごく凝っていてびっくり。
20190224j.jpg
お刺身や岩魚の焼いたもの、天ぷらや鹿肉の朴葉焼きまで出て、仕上げは牡丹鍋ですよ!
20190224k.jpg
こんなにジビエ三昧したのは、ドイツ以来かも??(笑)
朝食も豪華でした〜!
20190224l.jpg
食べすぎだろ。

特に周りに観光地があるわけではないので、ただただお湯に入って、ご飯を食べて、寝る。
そのシンプルさに癒されました。
温泉旅行の醍醐味はこれだな〜。
忙しい観光もそれはそれで面白いけれど、弛緩して過ごすのも最高の贅沢ですね。


翌日は、ご家族と合流するくーさんと別れてK女史と共に小田原へ。
小田原、久しぶり〜!
町中が「かまぼこを買わずには帰らせない」という気迫に満ちていますね(笑)。
小田原城は銅門(あかがねもん)の中が特別公開中でした。
20190224m.jpg
中に小田原評定を再現した人形が置かれていて、自分もそこに入ってあ〜だこ〜だ言ってる感じを写真に撮れます。
K女史北条氏直にツッコミ入れてました(笑)。

小田原城周辺は梅が盛りで、目と鼻を楽しませてくれます。
20190224n.jpg

20190224p.jpg
↓こちらは天然記念物のビャクシン。
20190224o.jpg
ゴッホの絵のようなフォルムですね。
20190224q.jpg
天守閣を見上げつつ、時間切れのため城を後にしました。
そう、この旅最後の「食の戦」が待っているのです。
お、おなかちゃんと空いたかな〜(^^;)。

長くなったので、つづきはまた!!

web拍手 by FC2
posted by 管理人 at 20:00| 日記

2019年02月23日

『翔んで埼玉』爆笑しました!

IMG_5394.jpg
予想以上に面白かったです!
何度も声を上げて笑ってしまった〜!!
しかもちょっと背徳感がある笑い(^_^;)。
いいんです、私、本籍地埼玉県だし!!

そう、川越出身の父の方針で、日本全国を転勤していたわが家の本籍地は埼玉県にされていたのです。
住んだことなかったのに!!あせあせ(飛び散る汗)
その後、大学のときに1年川越に、イタリア留学の前後に1年半くらい浦和に住んで、現在は母が熊谷に住んでいるのですが、この映画を見て、それらの過去をすべて「よかった!!」と思えるようになりました!
だって、ネタが全部わかる!!←
埼玉県内の微妙な対立とかね〜、しっかり描かれていましたよ。
とにかく埼玉県民は必見!
千葉県民も必見!!
関東近県に足を伸ばしたことのある東京都民も必見
群馬と茨城は微妙で(笑)、栃木と神奈川はどうかな〜…??
特に神奈川には、みんなが感じていたルサンチマンがぶつけられている(笑)気がするので、自己責任でご覧ください!!

とにかく笑えます。
そして、GACKT二階堂ふみさんはもちろん、『監獄のお姫さま』以降仕事を選ばなくなった(?)伊勢谷友介さんの怪演に感動できます!!
ネタバレが広がる前に見たほうがいいです!!
関東近県の方には面白さを保証するので、ぜひ足を運んでみてください〜!!
埼玉を好きになったよ!!

以下、コメントお礼です(Yさん)。

web拍手 by FC2
続きを読む
posted by 管理人 at 10:18| 舞台・映画レビュー

2019年02月18日

Tea Time in 鎌倉&浜田山

先週、今週とおいしい紅茶をいただいたので、簡単にレポします。
あ、紅茶はインフル感染防止に効果てきめんだそうなので、皆様もぜひお飲みくださいね。

まずは先週、友さん鎌倉に行ってきました!
友さんが行ったことがないとのことなので、開店前から並んで入りましたよ、『キャラウェイ』
20190217a.jpg
『遙か3』将臣くんが懐かしがっていたカレー屋さんです。
たっぷりの量ですが、実はこれで小盛り。
「男子高校生二人と望美ちゃんなら普通盛りいけそうだよね」
「望美ちゃん、大盛りかも?」

などと言いながらおいしくいただきました。
窓の外にはおなじみの長い行列ができていました〜(将臣くん、行列のことも言ってたよね?)。

腹ごなしをかねて鶴岡八幡宮に参拝。
大階段の横の子銀杏がこんなに(↓)大きくなっていました。
20190217b.jpg
樹幹部分の親銀杏(↓)もちゃんと育っています。
20190217c.jpg
元の大きさに育った姿を見るのは生きているうちには無理そうですが、未来につながる希望を見た気がしました。
がんばれよ〜!!

若宮大路沿いにある譲くんがプロポーズしたカトリック雪ノ下教会では、まさに結婚式が行われていました。
20190217d.jpg
譲くん望美ちゃんと早く挙げられるといいね〜!

向かいの鳩サブレで有名な豊島屋さん本店は改装工事中。
工事のお知らせもしっかり鳩さんでした(↓)。
20190217e.jpg
お店自体は営業中なので、友さんと一緒に鳩グッズを物色。
かわいいのを見つけましたよ(↓)。
20190217f.jpg
コップの縁に座っているのと、ティーカップの前にいるのが、ゆるキャラ鳩兵衛のフィギュアです。
右の子はサーフボードで波乗り中です。
さすが湘南の鳩!(笑)
なお、この写真を撮影したのは、おなじみのOKASHI0467さん
こちらでのティータイムが鎌倉での憩いのひとときとなりました。
お茶もケーキも相変わらずおいしかったです!

長谷から極楽寺まで道に迷いながら歩いて、改築工事中の極楽寺駅へ。
20190217g.jpg
駅の左側にとってもきれいなお手洗いが完成していました!
『遙か3』のスチルからは少し変わってしまいましたが、便利なので許す!

ここから江ノ電に乗って鎌倉高校前へ。
はい、有川兄弟望美ちゃんの通学ルートですね〜。
20190217h.jpg
将臣くん望美ちゃんと遊んでて電車に乗り遅れたと言っていた海岸です。
譲くんクラスタ的には、名作モノローグ「紅い浜辺の予感」の舞台ですね。
本当にあれは、思い出すたびに涙が……。
20190217i.jpg
三人がいつも目にしているであろう光景をたっぷり味わってから、鎌倉行きの電車に乗って戻りました。
やっぱり鎌倉は『遙か3』の聖地だわ〜!!!


そして本日(あ、日付変わっちゃった)、2月生まれのくーさんNさんのお誕生日を祝うため、浜田山の素敵なティールームに行ってきました。
外観写真撮るの忘れちゃったので、お店のブログから拝借(^_^;)。
o1080108014278804315.jpg
ベリーズティールーム
大学の後輩がFacebookで紹介していたのを見て、ずっと「行きたいな〜」と思っていたのです。
このドアを抜けて階段を上がるとそこは素敵なティールーム!
内装は「これでもか!」というくらいかわいらしく、すごくイギリスらしいコージーな空間でした。

予約をしたので、テーブルにはすでに食器がセッティングされています。
20190217j.jpg
あ〜、確認するの忘れたけれど、カップはミントン??
今回オーダーしたのは1、2月限定の「ピーターラビットのアフタヌーンティー」でした。
最初に登場したのは、マクレガーさんの畑のお野菜ケーキおとうさんのパイ
20190217k.jpg
そう、ピーターのお父さんはマクレガーさんにつかまってパイにされちゃったんですよね(^_^;)。
耳の形にアーモンドがさしてあるのがブラックなイギリスを感じさせました(中味はウサギの肉ではないそうです。ほっ)。
お皿のスミレ模様がすご〜くうれしかったです。

お誕生日ということで、アフタヌーンティースタンドには、持ち込んだチョコレートプレートをディスプレイしていただきました。
20190217l.jpg
下の段のスコーンがすごくおいしかったです!
キャンドルが立っているケーキも、小さなニンジンがのっていてかわいい〜揺れるハート
十数年ぶりに会うHさんもご一緒してくださったので、話が弾みまくってあっという間に2時間がすぎてしまいました。
店内でいろいろな種類の紅茶やお菓子、イギリスっぽいグッズも売っているので、イギリス好き、紅茶好きの方にはオススメのお店です。

なお、お店を出てからさらに別のお店で2時間もしゃべって(笑)、夕方に解散となりました。
皆様、楽しい時間をありがとうございました!

紅茶を囲んでおしゃべりするのは本当に楽しいですね〜!
確実に癖になりそうです。

以下、コメントお礼です(夏未さん、WALLYさん)。

web拍手 by FC2
続きを読む
posted by 管理人 at 01:09| 日記

2019年02月14日

『伊賀の花嫁 その三「ズルい女」編』見てきました

20190211a.jpg
根本正勝さんご出演の劇、『伊賀の花嫁 その三「ズルい女」編』に行ってきました。
根本さんが出るとなると何も考えずにチケットを取っちゃうのですが、今回の会場は三越劇場
「どこ??」と調べてみたら、何と日本橋の三越本店の中にありました!
しかも、前説で教えていただいたのですが、昭和2年に作られ、戦災を逃れた希少な劇場なのだそうです。
本物のレトロな魅力たっぷりで、天井にはステンドグラス!
国の重要文化財に指定されているのだとか。

そんな劇場でこんな演目やっていいの〜?! というくらいに宴会のような劇でした。
そうだな〜、深くない『ラ・カージュ・オ・フォール』??

少子高齢化で後継者不足に悩む伊賀の里から、花嫁探しにやってきた三四郎くんが主人公。
本作が第三話のはずなのですが、三四郎くんはお嫁さん候補に出会うどころか、ショーパブで忍者ショーを披露しながら、秋葉原で地下アイドルにうつつを抜かす日々を送っています。
そんな三四郎くんに活を入れるため、ショーパブのママは首を言い渡し、代わりのキャストのオーディションを開始。

一方、近所のヤクザの事務所では、ヤクザの合同新年会の出し物の稽古に余念がありません。
この事務所の跡継ぎは、なんと三四郎くんと同じ地下アイドルを追いかけています。
さらにさらに、事件の臭いをかぎつけた刑事二人組が彼らの周りに現れ、ショーパブとヤクザと忍者と刑事とオタ芸を巻き込んだスラップスティックが展開するのです……。

す、ストーリーがさっぱりわからない!あせあせ(飛び散る汗)
いや、まあ、あるようなないようなストーリーだから、こんなものかな〜(^_^;)。
根本さんは刑事二人組の一人。
そして、もう一人の刑事を高橋直純さんが演じていたんですよ〜!
コロンボが転覆したような直純さんと、彼を尊敬する真面目な根本さんという組み合わせだったのですが、途中でねもっちゃん直ちゃんのほっぺにキスをかますシーンまであって、ごちそうさまです(最初は頬をすりすりくらいだったらしいですが、前楽だったので弾けてました(^_^;))。

実は根本さんは甲賀の忍者で、三四郎くんの元ライバル。
二人の迫力ある殺陣のシーンが素晴らしかったです。
三つ揃えのスーツで狭い舞台を縦横無尽に走り、時にボケ、時にしっかり決める!
待機シーンで汗を拭っていたのも美しかった…。

ドタバタの末に最後は大団円(個人的にはヤクザの組が継承されるのはイヤですがたらーっ(汗))となり、キャスト全員によるダンスが披露されます。
ショーパブのママ役の方がTHE CONVOY所属なので、タップダンスをはじめ全体にダンスシーンが多かったです。
これで二回公演はかなりつらいだろうな〜。

後に何も残らないけど(笑)、見ている間は笑って楽しんで、アトラクションに参加しているような気分になれるエンタメ舞台でした。
根本さん、お疲れ様でした!

web拍手 by FC2
posted by 管理人 at 00:15| 根本正勝さん